京王電鉄子会社「JR乗車料金不正」の手口は?

鉄道業界の信頼関係を損ねた代償は大きい

団体旅行のJR乗車料金で不正を行っていたことが発覚した京王観光(編集部撮影)

大手私鉄・京王電鉄の子会社、京王観光が団体旅行でJRの乗車料金を支払わない不正を行っていたことが1月9日に明らかになった。

京王観光の支店に設置されているJR乗車券の発券端末からツアー参加人数分の乗車券を発券せず、実際の人数との差額を利益として計上。10年近くにわたって行われ、被害総額は2億円に上るという。昨年6月、京王観光の社内調査で発覚。JR西日本によれば、8月に京王観光から連絡があり、その後、JR各社に伝えられたという。

10年で2億円というと1年あたり2000万円。2018年3月期の京王観光の当期利益は1.1億円なので、不正行為によって利益が大きくかさ上げされたことになる。

手口は明らかにされていないが…

有人改札口を通る際に、JRの駅員が人数をきちんと確認すれば不正は見抜けそうだ。だが、JR東海によれば「人数、列車、区間などについて添乗員が申告し、確認を行っている」とした上で「記載人数が多い場合は、正確に確認しきれない可能性もある」という。

とはいえ、人数はごまかせたにしても、2000万円の不正乗車を行うためには、1人あたりの金額は相当な高額となるはず。どのような手口だったのだろうか。

京王電鉄は「現在調査中」として口をつぐみ、JR西日本、JR東海とも「不正利用防止、将来の再発防止の観点から回答を差し控えたい」とする。

次ページ子供料金で発券も?長年の信頼関係を悪用
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。