田中圭の「ダメ男」が圧倒的に支持される理由

男女から愛される「今年最大のブレイク俳優」

通常、ブレイク俳優に求められるのは「かっこよさ」や「男の色気」である。ところが、田中圭の場合は異なる。どうにもこうにも困りはてる田中圭を見たい。困惑というニーズがブームの根本にあるような気がする。

「ちょっぴりクズ」が求められる時代

ここ数年の田中圭の仕事っぷりを振り返ってみよう。「煮え切らない元カレ」「罪悪感なき不倫男」「無邪気なハンサムバカ」など、いずれも「ちょっぴりクズ」感が漂う役が多いと気づく。

「十月十日の進化論」(2015年・WOWOW)では酔った勢いでヒロインと関係をもち、妊娠させてしまう後輩役を、「東京タラレバ娘」(2017年・日テレ系)では妻が妊娠中に不倫する男の役、「感情8号線」(2017年・フジテレビ系)では妻の女心と同僚女性の恋心に無頓着な男の役、「伊藤くんA to E」(2017年・TBS系)では脚本家のヒロインを都合よく使うプロデューサー役であり、劇中で架空の痛いクズ男の役も担当。

今夏放送した「ダブル・ファンタジー」(WOWOW)では、主人公との不倫性愛にどっぷりハマり、幼稚化して崩壊する妻子持ちの男の役だった。

そして10月期に放送した「獣になれない私たち」(日テレ系)では引きこもりの元カノを家から追い出せず、積極的な肉食女性からの誘惑にもまんまと負けてしまう、NOと言えない典型的な優男の役だ。そのくせ、根本的に古い固定観念で女性を枠に当てはめる厄介な男である。

こうして文字にしてみると、いずれもなかなかのクズだ。ただし、暴力や借金、犯罪に手を染めるような正真正銘のクズ、ではない。女性への配慮が浅い、または脇が甘い。そんな、男として少々ゆるい「ちょっぴりクズ」を田中圭は数多く体現してきた。

時折、血迷ってエリートイケメンやヒロインが憧れる男性役を演じることもあったが、シュッとしていてもパッとしなかった。「5→9~私に恋したお坊さん~」(2015年・フジ系)、「恋がヘタでも生きてます」(2017年・日テレ系)がいい例だ。

次ページなぜ男性にも受ける?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 今見るべきネット配信番組
  • 近所で有名な「気になる夫」の生態
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT