田中圭の「ダメ男」が圧倒的に支持される理由

男女から愛される「今年最大のブレイク俳優」

過去の恋愛に悲哀を抱える男の役では、他のイケメン俳優との差別化ができず、持ち味が活かされなかったのである。

サンドバックか他山の石か

「ちょっぴりクズ」というのは、言い換えれば「日本全国どこにでもいる男」でもある。周囲からは「素敵な男性」「優しい恋人」「いい夫」と思われていても、女からは「こういうところがイラっとする」と思われている部分が必ずある。悪気なく、無意識に女の地雷を踏んだりもする。

それを集約あるいは濃縮還元して演じる田中圭は、女性たちの「代理サンドバッグ」になっているのではないか。「そこな!男のダメなところは」となじりながら、日々の憂さを晴らす格好のサンドバッグである。

だからといって、毛嫌いされないのも田中圭ならでは。どうにもこうにも憎めず、「人間ってそうそう変わらないよなぁ」と思わせる。「つまずいたっていいじゃないか にんげんだもの」「みんなちがって、みんないい」という言葉が浮かぶ。あいだみつをと金子みすゞのハイブリッド状態に陥り、寛容にならざるをえない。この世に完璧な男性などいないのだと痛感し、過剰な期待もしなくなる。女性たちはなんだか憎めない田中圭を見ていると、自分が寛大な大人の女になった気がするのだ(錯覚だけど)。

一方、男性はどう見ているのか。努力と鍛錬をしないと保てないレベルの大胸筋や上腕二頭筋に、敬意を抱くかもしれない。バラエティ番組やトーク番組で見せる無邪気さと底抜けの明るさに、親近感や優越感を覚えるかもしれない。ドラマの中で田中圭が演じる男の言動に、女性たちがいちいち熱く反応するのを見て、「え、今の何がダメなの?」と疑問に思うかもしれない。そして、どこに落ち度があるのか、自分も同じような発言をしていないか、地雷を踏んでいないか、と戦々恐々とする。自分では気づいていない「男の狡さ・幼さ・無神経」を、田中圭が身をもって教えてくれるのだ。男性にとっては、まさに他山の石。それが田中圭である。

朝ドラも大河ドラマもすでに出演し、ローカル局やBS、ネットでは主演作も多数ある。この後、どう消費されていくのか。中途半端に正統派二枚目を演じるよりも、できればこのままちょっぴりクズを体現し続けてほしい。来年も心に残るクズを、それも歴史に残るクズを演じてほしいと願っている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT