【産業天気図・電子部品】需要減、単価下落、低価格製品比率増の三重苦。「雨」に下方修正

予想天気
 08年10月~09年3月   09年4月~9月

電子部品業界に逆風が吹きつけている。世界的な景気後退による需要鈍化のうえ、製品価格が一層低下。つれて企業業績も2008年度後半から09年度にかけて失速。業界天気は前回(9月)の08年度後半及び09年前半の「曇り」予想から、今回08年度後半、09年度前半とも「雨」へと下方修正する。

天気見通しを変えた理由は大きく3つ。一つ目は、電子部品が搭載される最終製品の販売不振だ。携帯電話の国内市場は既に飽和状態で販売台数が低下傾向にあり、薄型テレビの売り上げにも陰りが見え始めている。二つ目は、部品点数の多い高機能機種の販売比率低下。村田製作所<6981>はパソコン出荷の08年度見通しを2・9億台と前年度比3.5%増と見ているが、その要因としては低価格製品である「ネットブック」の増加が大きいようだ。三つ目は単価下落である。韓国や台湾など海外メーカーが台頭し、また京セラ<6971>や村田製作所、TDK<6762>などの生産設備増強により、競争が一層激化している。京セラによると、代表的な電子部品であるコンデンサーの単価は08年度前半で前年同期比15%下落し、後半で同10%減少する見通しだという。

この傾向は、当面続きそうだ。悪化している需給バランスに改善の兆しが見えず、「ちょっと先行きは読めないというのが本音」(京セラの川村誠社長)。このような状況下、業界大手の間で09年3月期業績予想の下方修正が続出。京セラや村田製作所、そしてTDKは今期の営業利益見通しを期初予想から半減。コンデンサー大手のニチコン<6996>も期初予想の18億円から一転、4億円の営業赤字に転落する見通しだ。さらに、来10年3月期も回復は難しいだろう。
(梅咲 恵司)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。