ソフトバンク株の初値1463円、公開価格割れ

公開価格は1500円、一時は1400円も割れる

 12月19日、ソフトバンクの初値は公開価格を2.5%下回る1463円となった。写真はソフトバンクグループのロゴ。2014年12月に東京で撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 19日 ロイター] - ソフトバンク<9434.T>の初値は公開価格を2.5%下回る1463円となった。その後は下げ幅を広げ1400円を下回る水準でもみあっている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。