1体35万円の「家庭用ロボット」は売れるのか

深層学習の最先端機能搭載、来秋から出荷へ

ラボットは本体価格に加え、見守り機能や保証をつけることで、一定の月額費用もかかる(記者撮影)

「デュオ2体セット」で59万8000円(税抜き、充電器込み)。それとは別にソフトウェア利用料などの「月額費用」が1.9万~3.6万円ほどかかる。月額費用に幅があるのは、見守り機能や製品・サービスの保証をどこまでつけるのかによるそうだ。

また、2020年からは1体ごとの出荷もするが、「ソロ1体セット」は34万9000円(税抜き、充電器込み)と1体当たりでは2体セットよりも割高に設定されている(月額費用は9980~2万3635円)。

「ペット市場よりも大きくなる」

林要代表によれば「価格に開発費は含まない。価格はほぼ製造原価」なのだという。「(ソニーのAIBOやソフトバンクのペッパーなど)これまでのロボットは高級パソコンと同じくらいの価格に抑えたことで、(十分な機能を搭載させることができず)人工知能とロボティクス(ロボット工学)とを融合させられなかった。その結果、(ユーザーに飽きられて)使い続けてもらうことができなかった」(林代表)。

グルーブエックスは未来創生ファンド(トヨタ自動車やスパークス・グループが出資するファンド)やINCJなどから計80億円の資金を調達済み。巨額の資金を引きつけたのは、「(感情を持った家族型ロボットという)日本発の新産業を興すという理念に強い共感を得ることができたから」(林代表)である。

矢野経済研究所によれば2017年度のペット関連総市場規模は1兆5135億円の見込み。林代表は、「(家族型ロボットは)ペット市場よりも大きくなる」と語気を強めるが、今回設定した本体価格や維持費用は日本の消費者に受け入れられるか。ラボットの予約状況を、ロボット業界関係者は固唾をのんで見守っているに違いない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT