清水建設社長、「建設需要はまだまだある」

宮本洋一社長に聞く「ゼネコン活況」のその先

人手不足は業界全体の課題

――ただ、労務費の高騰は心配です。

1%、2%の上昇ならば我慢できるかもしれないが、1割、2割上がったものについては工事単価として認めていただきたい。建設する者がいないと困るという認識を、デベロッパーなども持ち始めたのではないか。それなら一緒になってやっていこうと。われわれだって好き好んで単価を上げているわけではない。身銭を切ってとか、血を流してということは、もう避けたい。これははっきりしている。

人手不足は業界全体の課題。業界では、現場の作業員に女性を増やしていきたいと考えている。これまでどうして女性が増えなかったのか、その理由をきっちり議論していく。

みやもと・よういち●東京大学卒業後、清水建設入社。専務九州支店長、営業担当などを経て2007年から現職

――地方の状況についてはどう見ていますか。

地方に行くと、「五輪だ、リニアだといって、3大都市圏ばかりに投資が集中して、それ以外のところは投資が回ってこないんじゃないか」と、皆さんが懸念を持っている。しかし、実は地方にも本当に必要とされているものはある。

水害が起きると、「大変だ」と皆の目がそこに行く。一方、同じように雨が降っていても、山の反対側は洪水が起きていないこともある。ダムがあって水の制御ができているためなのだが、それについて皆の関心は向いていない。

マスコミは「ここは水害にならなかった」という事実も報道してほしい。われわれ建設業界も、そういうところはしっかりアピールしないといけない。

――事業環境が上向いてきた中で、育成を強化したい事業もあるのでは?

今、力を入れているのは、グローバル事業、ストックマネジメント事業、それからサステナビリティ事業。特にサステナビリティ事業は、他社と差別化できるところではないかと思う。バイオマス発電、洋上風力発電、メタンハイドレートなど、エネルギー関連施設の建設については先進的に取り組んでいる。こうした分野が近い将来、本格的な事業になってくると期待している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT