浮かぶゼネコン、沈むゼネコン

建設バブル到来!

神奈川県相模原市。JR・京王線橋本駅の隣接地下に、リニア中央新幹線の中間駅、橋本駅(仮称)の建設が決定した。「新駅設置はようやく決まったか、という感じ」。市内の建設業者はそう言って、設置を歓迎する。

リニア中央新幹線は2027年の開業を目指す。建設費は約9兆円。東京(品川)─名古屋間をわずか40分で結ぶ。相模原市内にはリニアの車両基地も建設される予定だ。

詳細計画が公表されておらず、「どれぐらいの建設需要が出るのか、さっぱりわからない」(市内の建設業者)。とはいえ、同市にはリニアが起爆剤となって一大建設ブームが起こる要素がいくつもある。

鉄道でいえば、小田急多摩線の唐木田─橋本間の延伸、JR相模線の複線化。行政・商業施設の再開発も見込まれる。さらに今年度には圏央道(首都圏中央連絡自動車道)の相模インターチェンジ(IC)が開通する。すでにICの周辺にはヤマト運輸など物流企業の進出が始まっており、「リニアの開業を見込んで産業集積がさらに進む」(明治大学専門職大学院長の市川宏雄教授)。

20年の東京五輪も同じようなことが言える。五輪そのものというよりも、それを契機にインフラの整備が前倒しに進む可能性がある。

次ページ強靱化・五輪・リニア 突然バブルがきた
人気記事
トピックボードAD
  • 地方創生のリアル
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • フランスから日本を語る
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。