最新!鉄道会社の役員「報酬と出身大学」一覧

1億円超は1人、平均年収1位の会社は6354万円

これらのデータを総合して、大学別に合計してみたところ、1位は東大の25人、2位は早大の24人、3位は慶大の18人、4位は京大の13人という結果になった。上位に東大、京大、早大、慶大が並ぶのはどの業種でも共通の傾向だが、関東の鉄道会社では関東の大学、関西の鉄道会社では関西の大学出身者が多いのは、鉄道の地域性を表しているともいえる。JR九州や西鉄に九州の大学出身者が見られる。

鉄道会社は大卒の就職先として人気が高いが、本業の鉄道よりも都市開発事業をやりたいという学生が多いようだ。一方で、人気就職先にランクインするようなJRや大手私鉄でも「優秀な電気系の学生をなかなか採用できない」という声をしばしば聞く。さらに安全で便利な鉄道にするためには、就職先としての鉄道事業の魅力を高める努力が必要だ。

関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • iPhoneの裏技
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。