最新!鉄道会社の役員「報酬と出身大学」一覧

1億円超は1人、平均年収1位の会社は6354万円

これらのデータを総合して、大学別に合計してみたところ、1位は東大の25人、2位は早大の24人、3位は慶大の18人、4位は京大の13人という結果になった。上位に東大、京大、早大、慶大が並ぶのはどの業種でも共通の傾向だが、関東の鉄道会社では関東の大学、関西の鉄道会社では関西の大学出身者が多いのは、鉄道の地域性を表しているともいえる。JR九州や西鉄に九州の大学出身者が見られる。

鉄道会社は大卒の就職先として人気が高いが、本業の鉄道よりも都市開発事業をやりたいという学生が多いようだ。一方で、人気就職先にランクインするようなJRや大手私鉄でも「優秀な電気系の学生をなかなか採用できない」という声をしばしば聞く。さらに安全で便利な鉄道にするためには、就職先としての鉄道事業の魅力を高める努力が必要だ。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。