経済でもビジネスでもない、インド100%の話

こんなこと書いちゃっていいんだろうか?

牛に追いかけられたこともあった

この20日間の間に、運転手が来なかったり、お腹を壊したり、高熱が出たり、ヒンディー英語が聞き取れなかったり、ケータイが壊れたり、いろんなことが起きた。 牛に追いかけられたこともあった。

 もう、日本は1年くらい経ってんじゃないかとゆーくらい浦島太郎状態。いま、となりにいるのはアートディレクターのプラヤスで、向かいにいるのはアートディレクターのクキ。

プラヤス。彼の水筒は、ウィスキー瓶。

 

 

 

 

 

クキ。毎日ターバンで登場。

 

 

 

 

 

時間を守らない運転手モハン。

 

 

 

 

 

環境が違いすぎて、最初はずっと慣れないんじゃないだろうか、と思ってたものの、不思議と慣れてきた。毎朝、ホテルのビュッフェがカレーしかないのも慣れた。もう普通だ。常識だ。 

カレー

 

 

 

 

 

 

ナン(微妙に補給されてない)

 

 

 

 

 

 

カレー

 

 

 

 

 

 

ビュッフェというか、カレーである。

 

 

 

 

 

 

もうすぐクリスマスだし、もうすぐお正月。もちろんインドで過ごす。
日本の方向を向いて、カレーを食べようと思います。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT