中国、「オンラインゲーム倫理委」を設置か

ゲーム認可の再開に向けての準備中?

 12月10日、中国国営の新華社は、当局がオンラインゲームに関する倫理委員会を設置したと報じた。安徽省阜陽市のインターネットカフェでオンラインゲームをする人たち。8月撮影。提供写真(2018年 ロイター)

[北京 10日 ロイター] - 中国国営の新華社は、当局がオンラインゲームに関する倫理委員会を設置したと報じた。報道では既に20本のゲームが審査されたとしており、政府がゲームの認可再開に向けた準備を進めているとの期待が高まっている。

ビデオゲームの暴力的な性質や、近視、依存症などの問題を引き起こすリスクについて批判が高まる中、中国は今年3月、規制の見直しに伴い新作ゲーム販売の認可を凍結した。

新華社は7日遅く、新たに設置されたゲーム倫理委員会が既に20本のゲームを審査したと伝えた。

新華社によると、委員会はこのうち11本について「モラルハザード(倫理の欠如)をなくす」よう見直しを求め、9本は内容が不適切として却下した。

業界関係者は委員会の設置を歓迎し、ジェフリーズはリポートで「漸次的なステップであり、年内に戦略的な方向性がさらに示される可能性が高い」と指摘。その後「2019年半ばまでに認可再開の予定が発表される可能性がある」とした。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 家族会議のすすめ
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ドンキの正体<br>次代の流通王か永遠の異端児か

かつての「ヤンキーのたまり場」ドン・キホーテが破竹の攻勢をかけている。総合スーパーへの居抜き出店などで品ぞろえも客層も拡大、海外出店も加速する。一方、不動産事業や深夜営業では非常識ぶりを温存。異端児の知られざる実態を解明する。