中国、「オンラインゲーム倫理委」を設置か

ゲーム認可の再開に向けての準備中?

 12月10日、中国国営の新華社は、当局がオンラインゲームに関する倫理委員会を設置したと報じた。安徽省阜陽市のインターネットカフェでオンラインゲームをする人たち。8月撮影。提供写真(2018年 ロイター)

[北京 10日 ロイター] - 中国国営の新華社は、当局がオンラインゲームに関する倫理委員会を設置したと報じた。報道では既に20本のゲームが審査されたとしており、政府がゲームの認可再開に向けた準備を進めているとの期待が高まっている。

ビデオゲームの暴力的な性質や、近視、依存症などの問題を引き起こすリスクについて批判が高まる中、中国は今年3月、規制の見直しに伴い新作ゲーム販売の認可を凍結した。

新華社は7日遅く、新たに設置されたゲーム倫理委員会が既に20本のゲームを審査したと伝えた。

新華社によると、委員会はこのうち11本について「モラルハザード(倫理の欠如)をなくす」よう見直しを求め、9本は内容が不適切として却下した。

業界関係者は委員会の設置を歓迎し、ジェフリーズはリポートで「漸次的なステップであり、年内に戦略的な方向性がさらに示される可能性が高い」と指摘。その後「2019年半ばまでに認可再開の予定が発表される可能性がある」とした。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT