任天堂、4-9月「スイッチ」販売台数は507万台

提携スマホゲーム「好スタート」と評価

 10月30日、任天堂が発表した2018年4─9月期の連結営業利益は前年比53.7%増の614億円だった。家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」向けのソフト販売が拡大し、利益を押し上げた。写真は都内で昨年1月撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[大阪市 30日 ロイター] - 任天堂<7974.T>が30日発表した2018年4─9月期の連結営業利益は前年比53.7%増の614億円だった。家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」向けのソフト販売が拡大し、利益を押し上げた。通期業績予想は据え置いた。

4─9月期の売上高は前年比4.0%増の3889億円。スイッチ向けソフトの販売本数は同91.3%増の4213万本。ハードは同3.7%増の507万台だった。通期の販売計画はソフト1億本、ハード2000万台で据え置いた。

同社社長の古川俊太郎氏は大阪市内での記者会見で、業績予想に対する現状の進捗について、年末商戦前でもあり、「第2・四半期が終わった時点で好調か否かを判断するのは時期尚早だが、ここまでの経過としては順調に推移している」と述べた。

スマートフォン向けゲームなどの「スマートデバイス・IP(知的財産)関連収入」は、同4.7%増の187億円。ゲーム専用機におけるデジタルビジネスでは、「スイッチ」向けのダウンロード型ソフトや追加コンテンツなどの売り上げが伸び、デジタル売上高は同71.7%増の391億円となった。ともに利益率向上に寄与した。

今期末の前提為替レートはこれまでの1ドル105円、1ユーロ125円から変更なし。通期業績予想も売上高で前年比13.7%増の1兆2000億円、営業利益で26.7%増の2250億の計画を据え置いた。会社側の営業利益予想は、リフィニティブがまとめたアナリスト22人の予測平均値2805億円を下回っている。

提携スマホゲーム「好スタート」と評価

任天堂は今年4月、サイバーエージェント<4751.T>の子会社とスマートデバイス向けゲームアプリで業務提携すると発表。9月にスマートフォン向けゲーム「ドラガリアロスト」の配信を開始した。

古川氏は同ゲームの立ち上がりについて「売り上げの規模という意味では、他のアプリの方が良かったこともあるが、ユーザーの継続率や課金者数の推移は、過去の当社のアプリと比べても良い」と指摘。そのうえで「スマートデバイスのアプリやサービスは長い時間をかけて顧客との関係を構築し展開していくもの。顧客に継続して遊んでもらうことが重要だ」との見方を示した。

(長田善行、サム・ナッセイ)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT