中国共産党、「習一強」時代を世界にアピール 「ポスト習」候補は7人の最高指導部に入らず

拡大
縮小
 10月25日、中国共産党は、第19期中央委員会第1回総会(1中総会)を北京で開催し、新たな最高指導部メンバー7人を発表した。写真は習近平総書記。北京で24日撮影(2017年 ロイター/)

[北京 25日 ロイター] - 中国共産党は25日、第19期中央委員会第1回総会(1中総会)を北京で開催し、新たな最高指導部メンバー7人を発表した。

最高指導部を構成する新しい政治局常務委員に、習近平総書記と李克強首相は留任。反腐敗運動の陣頭指揮をとってきた王岐山氏を含む引退メンバー5人に代わり、栗戦書氏、汪洋氏、王滬寧氏、趙楽際氏、韓正氏が昇格した。

政治局常務委員7人の中には、「ポスト習」と目される候補は入らなかった。習氏の有力な後継候補とみられていた胡春華・広東省党委書記と陳敏爾・重慶市党委書記は今回、常務委員への登用が見送られた。

アナリストや関係筋によると、今回昇格したメンバーの中で習氏に最も近いとされる栗戦書氏は、全国人民代表大会(全人代)の議長に就任する公算という。議長人事は来年3月の全人代で正式に決定される。

趙楽際氏は王氏の後任として中央規律検査委トップに任命された。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT