中国共産党、「習一強」時代を世界にアピール

「ポスト習」候補は7人の最高指導部に入らず

 10月25日、中国共産党は、第19期中央委員会第1回総会(1中総会)を北京で開催し、新たな最高指導部メンバー7人を発表した。写真は習近平総書記。北京で24日撮影(2017年 ロイター/)

[北京 25日 ロイター] - 中国共産党は25日、第19期中央委員会第1回総会(1中総会)を北京で開催し、新たな最高指導部メンバー7人を発表した。

最高指導部を構成する新しい政治局常務委員に、習近平総書記と李克強首相は留任。反腐敗運動の陣頭指揮をとってきた王岐山氏を含む引退メンバー5人に代わり、栗戦書氏、汪洋氏、王滬寧氏、趙楽際氏、韓正氏が昇格した。

政治局常務委員7人の中には、「ポスト習」と目される候補は入らなかった。習氏の有力な後継候補とみられていた胡春華・広東省党委書記と陳敏爾・重慶市党委書記は今回、常務委員への登用が見送られた。

アナリストや関係筋によると、今回昇格したメンバーの中で習氏に最も近いとされる栗戦書氏は、全国人民代表大会(全人代)の議長に就任する公算という。議長人事は来年3月の全人代で正式に決定される。

趙楽際氏は王氏の後任として中央規律検査委トップに任命された。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT