車両製造で快進撃「シュタドラー」とは何者か

鉄道見本市の展示数では大手メーカーを圧倒

電化区間のみならず、非電化本線区間でも運転可能な高出力ディーゼルエンジン搭載のバイモード機関車「ユーロデュアル」(筆者撮影)

これに対し、今回出展されたユーロデュアルはキャタピラー社製高出力16気筒エンジンを搭載しており、電気機関車として運転する際の定格出力7000kwに加え、ディーゼル運転でも2800kwを発揮。非電化の本線で通常走行することが可能な世界初の完全バイモード車両ということで注目を集めたのだ。

シュタドラーが2年前に展示したイギリス向けバイモード機関車「UKデュアル」(88型)では、ディーゼルエンジンの定格出力は構内での入換専用として708kwだったので、ユーロデュアルはその約4倍の出力を誇る。

電化の有無を選ばない点で画期的ではあるが、ネックは電気・ディーゼル双方の機器を搭載することによる車体重量の増加だ。このhvle社向けのような高出力16気筒エンジンを搭載したモデルでは、重量は126トンに達する。当然、各車軸にかかる重量(軸重)の増加に伴う軌道への影響は無視できないため、車体長の延長および各台車3軸とすることで重量を分散させ、軌道への負担軽減を図っているが、それでも運転できる区間は軌道状態がしっかりした幹線のみで、一部のローカル線は入線できない可能性もある。

ドイツやフランスなどには、軌道状態がしっかりとした非電化幹線が多く残っていることが、こうした機関車が誕生する背景にあるのだろう。ユーロデュアルが商業的に成功を収めるか否か、この数年は動向を注視していく必要がある。

電化・非電化両用はほかにも

イギリス、グレーター・アングリア向けのバイモード車両755系(筆者撮影)

もう1つは、イギリスのグレーター・アングリア鉄道向け旅客車両「FLIRT UK」だ。これは同社の主力製品である連接式車両「FLIRT」のイギリス国内仕様で、同社が得意とするモジュール式の技術をうまく活用したことが特徴となっている。

この車両は幹線のみならず、地方ローカル線での運行も考慮した設計となっており、電化・非電化双方に対応させる必要があるため、中間にディーゼルエンジンを搭載した短いモジュールを組み込んでいる。いわば電車でありながら、編成の中間にディーゼル機関車を挟み込んだような形だ。

昨今は車両運用の効率化を図るため、こうしたバイモード車両が次々と誕生しており、ディーゼルエンジンではなく蓄電池を搭載した車両も多く見かける。バイモード車両の多くは、電車として運転するための制御装置などに加え、燃料タンクとディーゼルエンジン、もしくはモーターを回すための大容量蓄電池を搭載しなければならないため、車両設計をするうえでその搭載位置などに苦慮することになる。

次ページ客席なしのモジュールにエンジン搭載
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。