三菱地所、上尾マンション「損切り」の顛末

マンション市場で進む「寡占化」と「すみ分け」

三菱地所レジデンスが分譲中止としたマンションはタカラレーベンが分譲する(出所:タカラレーベンのパンフレットより引用)

「このたび、計画を見直し販売を見送ることとなりました」

9月、埼玉県上尾市で分譲予定のマンションが、突如中止となる珍事が起きた。

突然の分譲中止、だが建設は続行

渦中のマンションは、三菱地所レジデンスが手がける「ザ・パークハウス上尾」。JR高崎線上尾駅から徒歩7分の場所に、全183戸の大型マンションが計画されていた。「今年9月にはモデルルームがオープンする予定だと聞いていた」(地元住民)。当時の価格は公表されていないが、「上尾の水準からしても手頃な値付けを見込んでいたようだ」(地元の不動産業者)。

現場ではすでに工事が始まっており、販売主である三菱地所レジデンスのホームページでは数カ月前から資料請求を受けつけていた。上尾駅前ではうちわを配ったり、駅構内に大きな看板を掲げていたりと、宣伝にかなり力を入れているようだった。

資料請求者に対して実際に送られた通知(提供:ブログ「マンションマニア」管理人の星直人氏)

ところが、9月から10月にかけて資料請求者宛てに三菱地所レジデンスからマンションの分譲中止が送付された。同社のマンション販売準備室の担当者でさえ、「われわれも直前まで知らなかった。パンフレットも刷ったし、モデルルームも建てちゃったんですけどね……」と苦笑するほど、青天の霹靂だった。

不可思議なのは中止のタイミングだけではない。分譲は中止されたが、マンションの建設自体は今も三菱地所レジデンスが粛々と続けている。そして竣工後は中堅デベロッパーのタカラレーベンへと引き渡される予定で、この12月からは「レーベン上尾 GRAN MAJESTA」ブランドで分譲が始まる。

中止騒動の背後には何があったのか。

次ページタカラレーベンが一棟買い
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT