ネット企業が続々誕生 フィンランドの秘密

「ノキアの国」が、今ではベンチャー企業の集積地に

1000社以上が集結

今年で6回目になるスラッシュは11月13~14日に開かれた。スカイプ創業者のニクラス・ゼンストローム氏、モビーダ・ジャパンの孫泰蔵社長、ディー・エヌ・エー創業者の南場智子氏などが参加。イベントの冒頭にフィンランド首相も現れるなど、注目の高さを印象づけた。

今年のスラッシュには1000以上の企業、5000人以上の聴衆が集まった。ステージ上では15分間隔のプレゼンテーションが行われ、場内ではベンチャー経営者が投資家と熱心に情報交換する光景が見られた。イベント終了後には大々的なパーティが行われるなど、お祭りのような様相を呈していた。

登壇企業がプレゼンするサービス内容は多岐にわたる。たとえば「どこでもネット通販ができる」を売り文句に10年に誕生したキオスクは、あらゆるウェブサイトのコンテンツを購買に結び付けるプラットフォームビジネスを展開している。

フィンランドの振興策の余波は、バルト海を囲む周辺諸国にも及んでいる。スラッシュにはフィンランドだけではなく北欧全域、ロシアからもスタートアップが集まる。
 音楽の定額ネット配信サービスで知られるスポティファイは、スウェーデン生まれのスター企業。米国をはじめ世界主要国で音楽配信のナンバーワンプラットフォームになっている。

「日本でも起業が盛んになり、質も上がってきている。しかし、絶対的な数が少ないうえ、世の中を変えるような破壊的なベンチャーも少ない」。こう語るのは、モビーダの孫泰蔵社長だ。「国の政策や規制緩和は非常に重要。外野から言うだけではなく、これからは具体的なことを提言していきたい」。

新陳代謝の促進と周辺の国々を巻き込んだ交流イベントの開催──。日本の起業環境を改善するために、フィンランドの実績から学ぶことは多そうだ。

(週刊東洋経済12月2日発売号)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。