「駅」を脱皮、経路検索「駅すぱあと」の危機感

鉄道だけでない交通の総合案内役になれるか

「Next EKISPERT」と題して、近未来の「駅すぱあと」の姿を提示する太田信夫社長(筆者撮影)

日本初の路線検索・運賃計算ソフトとして知られる「駅すぱあと」が今年、発売から30年を迎えた。これを記念して発売元であるヴァル研究所は10月23日、「駅すぱあと 30周年記念パーティー」を都内で開催した。

東洋経済オンライン「鉄道最前線」は、鉄道にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

会場には102社から計145人が集まったが、その参加者は今後の「駅すぱあと」をともに担っていくビジネスパートナーたちだ。記念パーティーにつきものの功労者表彰などは一切なく、一見して中堅サラリーマンとわかる参加者が圧倒的に多かった。

「Yahoo!乗換案内」の検索エンジンとしても知られ、鉄道一筋にみえる「駅すぱあと」の記念パーティー。だが、冒頭に提示された未来映像は衝撃的だった。

鉄道を使わずにタクシーで?

中央線高円寺駅近くの自宅へ帰宅途中の小学生の女の子は、その日が誕生日。帰宅して家族とささやかな誕生会を楽しみにしていたのに、総武緩行線が事故で止まってしまった。すると、すかさず母親が「駅すぱあと」を使ってタクシーを手配し、娘を難なく帰宅させるという内容だ。

複雑な鉄道路線を効率よく乗り継ぎ、出張精算で面倒な運賃計算を自動で行うことを売りにしてきた「駅すぱあと」が、鉄道を使わずタクシーを手配するとはどういうことだろうか。

実は、この日発表された今後の方向性のキモはそこにあった。

次ページ鉄道だけでなく各種交通機関を組み合わせる
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT