「嫌な話」は15秒にまとめるとすごく伝わる

万能「ハンバーガーのフォーマット」とは何か

これはメールの件名でも、同様のことがいえます。「齋藤です」といった件名よりは、「勉強法の本の打ち合わせについて」といった具体的な件名のほうが、相手にひと目で「話したい内容」が伝わるので望ましいといえます。

さて、「話し始め」のあとが「肉」の部分になります。ここが言いにくい部分、いわば「そのまま素手でつかむのはためらわれる肉の塊(かたまり)の部分」です。素手でつかむことがないように、パンではさむわけですね。

くどくどと自分の事情を述べない

「肉」の部分はさまざまなケースが考えられますが、共通して重要なのは「くどくどと自分の事情を述べない」ということです。

人は、自分は悪くないということを主張したいと思うあまりに、客観的にみると本筋とは関係のない細々とした「自分の事情」や言い訳を入れ込みたがるものです。「以前はそんなことなかったのですが」とか、「ちょっと仕事が重なってしまって」など。しかし相手にしてみれば、現状の問題解決には不必要な情報ですし、「もしかしたら、この人は自分の都合のいいように解釈しているのでは」と思われてしまう危険性もあります。

言いにくいことほど、なるべく客観的な事実だけを述べて、相手の信頼感を得られるようにしたほうがよいでしょう。

『15秒あれば人間関係は変えられる:自分の言いたいことをきちんと伝える技術』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします) 

そして、締めの一言。先ほどのケースでは「別の言い方をしていただけないでしょうか。私も、必ず態度を改めますので」がそれにあたります。

言いにくいことを言う場合、最後は「提案の形で切り上げる」のが望ましい終わり方になります。

言いにくいことを言うということは、結局いま起こっている何らかの問題を取り上げることを指します。1つの問題に対して、「困ったね」「どうしよう」という状態のまま終わらせることは難しく、「とりあえず先延ばしにしておこう」などと強引に終わらせるしかありません。対処策が生まれないと、コミュニケーションが完結しないのです。

以上のように、「話しかけの一言」+「言いにくい内容」+「提案の形で終わる締めの一言」。これが、言いにくいことを話すときの基本フォーマットになります。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT