「嫌な話」は15秒にまとめるとすごく伝わる

万能「ハンバーガーのフォーマット」とは何か

そして「提案のかたち」で終わらせれば、相手も納得し、評価も下がらず、怒りを呼ぶことはありません。

ここで私が述べたいことは、言いにくいことを15秒で伝える技術を身につければ、いま抱えている問題を劇的に改善させるための強力な武器になる、ということです。

論語の説明でさえ15秒でできる

10年ほど前、私は『1分で大切なことを伝える技術』(PHP新書)を上梓(じょうし)して、たいへんな好評をいただきました。

同書では、「川のフォーマット」という伝え方の基本パターンを紹介しました。

何か相手に伝えたいことがあるときに、まず相手との間に1本の川が流れていることを想像します。向こう岸にあるのは「相手の理解」。このときに、川に3つほど石を置いて、その石をぴょんぴょんと歩いて向こう岸にたどり着く、というイメージを持ちます。つまり説明を三段階に分けて行うということですね。

この「川のフォーマット」の実践トレーニングを、私は大学でも社会人向けのセミナーでも行ってきましたが、最初に取り組んでもらっているのは「15秒で1つの話をする」ということです。この部分をマスターすれば、3つ重ねて45秒になり、さらに前振りと締めの言葉を加えて1分で終わる、というわけです。

言い換えるなら、15秒あれば必要最小限の話は伝えられる。私はこのトレーニングを通じて、しだいにそう確信するようになったのです。たとえば『論語』の説明でさえ、以下のようにまとめられます。読み上げれば15秒もかかりません。

人間にとって大切な徳を、『論語』は「智・仁・勇」と説いています。智は頭の働き・判断力。仁は人に対する優しさ・真心。勇は行動力・あきらめない心です。

15秒で話を完結できるなら、話題を増やすことで30秒でも1分でも話せます。あるいは3分のスピーチでも難なくこなせるでしょう。一般的な話術を鍛えたければ、最小単位である15秒の感覚を磨くのがもっとも効率的なのです。

1分で話すときは、「川のフォーマット」でしたが、15秒で話すときはどのような構成が有効なのでしょうか。ここで読者の皆さんに想像していただきたいのは、ハンバーガーです。

次ページハンバーガーフォーマットとは何か
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ネットで故人の声を聴け
  • グローバルアイ
  • iPhoneの裏技
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT