西武新特急、JR九州デザイナーはどう評した

銀色の円筒、豪華列車「ななつ星」とは対照的

JR九州で水戸岡氏が手掛けた観光列車には中古車両を改装したものが多い。しかし、車内に足を踏み入れれば、内装のすばらしさに圧倒される。これが古い車両だとは誰も思わないだろう。

JR九州の「或る列車」。クラシカルで豪華な内装が特徴だ(撮影:今井康一)

中古車両を見事な観光列車に仕立てた実績が買われ、全国各地の鉄道会社が、水戸岡氏に観光列車のデザインを依頼している。だが、その注文のほとんどがクラシックなデザイン。その理由は、唐池氏の言うように「客が望むから」というものもあるが、中にはコストが理由となるケースもある。

「モダンなデザインの車両はある程度コストをかけないと造れないが、クラシックなデザインはそれほどコストをかけずに造ることができる」と水戸岡氏は言う。クラシックなデザインの車両を数多く生み出し、その経験やノウハウが生かされているという側面もあるだろう。

さらに、水戸岡氏の周囲には、これらの列車の内装を数多く手掛けてきた「チーム水戸岡」とも言うべき職人集団がいる。こうした人たちが納期内に要求どおりの装飾をきちんと作ることが信頼感を醸成する。水戸岡デザインの列車を運行する鉄道会社の元関係者は、「鉄道デザインの経験がない人に発注するような冒険はできなかった」と明かす。

船のデザインも「前例破り」

現在、水戸岡氏は船舶のデザインにも乗り出している。小田急電鉄が芦ノ湖で運航する新型「海賊船」や、福岡ー釜山間を結ぶJR九州の「クイーンビートル」などだ。とりわけ、クイーンビートルの真っ赤な外観は、かつての真っ赤な485系のようなインパクトがある。

現在、水戸岡氏がデザインしているJR九州の「クイーンビートル」。福岡―釜山航路に2020年7月に投入される予定だ(写真:JR九州)

普通、客船と言えば白を基調とすることが多いが、あえて赤くするのは、見る者、乗る者を感動させようということにほかならない。水戸岡デザインの真骨頂とは、こうした「前例破り」にあるように思われる。

今回の妹島氏のラビューもまさしく前例破りのデザインだった。船に続く水戸岡氏の仕事がまた鉄道だとしたら、それは誰も見たことがないようなデザインとなるだろうか。ただ、それを実現させるためには、その挑戦を許容する鉄道会社と、デザインを形にするメーカーの協力が欠かせない。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT