マツダ「CX-8」発売1年、掛け値なしの通信簿

3列シートSUVは市場にどう受け入れられたか

昨年9月に行われたマツダ「CX-8」発表会から1年。消費者の反応はどうだったのだろうか(撮影:尾形 文繁)

マツダ「CX-8」が、昨年12月の発売からまもなく1年を迎えようとしている。

CX-8は国内においてマツダの最上級SUV(スポーツ多目的車)と位置づけられ、初の3列シートによる6~7人乗りを実現した。もともとは排気量2.2リッターのディーゼルターボエンジン1本だったが、この秋に2.5リッターのガソリンエンジン(自然吸気とターボ)を追加。商品内容を充実した。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

そんなCX-8とはどんなクルマなのか。これまでの販売動向などとともに総括してみたい。

CX-8は3列目の空間を生み出すため、米国で販売されている「CX‐9」のプラットフォームを活用し、「CX‐5」に比べ全長を36㎝伸ばしている。車幅は、国内での利用を考慮してCX‐5と同じだ。

最上級SUV初の3列シート

その3列目の座席は、1~2列目に比べ床が高くなる分、やや膝を抱える着座姿勢になるが、それでも「できるだけ膝を抱える格好にならないように作った」とマツダが説明するだけあって、窮屈な印象はない。やや膝を横へずらす格好で座れば、それなりの居心地は確保できる。昨今、3列シートを持つSUVが増えているが、CX‐8は3列目も通常どおり利用できる配慮を感じる。また、室内の静粛性も高く、たとえば3列目と運転席とでの会話が成り立つ。

日本自動車販売協会連合会(自販連)がまとめた2017年の乗用車ブランド通称名別新車販売ランキング(軽自動車除く)によると、昨年9月の予約受付開始日から11月にベスト50入りをし、49位で726台を販売。翌12月は2000台を超えて「CX‐5」に次ぐ順位となる33位につけた。年が改まり、2018年になるとCX‐5を上回るようになった。2500~4000台を販売し、20位台後半から30位前後で推移する。しかし今年10月は1500台を割る水準になっている。

次ページ3列シート導入で従来より車両が重くなった
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。