ホリエモンが、もしメディアの経営者だったら

堀江貴文氏インタビュー(下)

――アマゾンも自社でスタジオを持ってドラマを制作しています(関連記事:アマゾンがテレビ業界に殴り込み)。米国はネット企業がコンテンツ制作に参入して、業界をかなりかき回していますが、日本にはそういうプレーヤーがいないですよね。

堀江:でも、これから変わりますよ。今度、ドリパスという、ヤフーの子会社になった会社と組んで、僕の小説『拝金』を映画化するのですが、これにヤフーが100%出資します。ヤフーは1年半前に経営陣が大幅に若返って、「爆速」というコンセプトで経営しているので、変わってきています。映画制作も爆速の一環ですよ。

ドリパスという会社は、みんなが見たい映画をネットでリクエストして、たとえば500人集まったら映画館を貸し切って見られるというサービスを提供する会社です。映画館からすると、確実に席が埋まるので効率がいい。そういうネット企業がコンテンツ制作に乗り出してくるので、映画業界に風穴が開くのではないでしょうか。

映画のビジネスモデルの難しいところは、配給です。東宝がだいたい牛耳っていて、年間の邦画ランキング20位中、16作品ぐらいが東宝ですからね。

――ドリパスみたいな動きが水面下で出てきているなら、いろいろ変わるかもしれないですね。

堀江:間違いなく変わるでしょう。

メディアの価値とは何か

――われわれはオンラインメディアを運営していますが、オンラインメディアはどうやったら稼げるでしょうか。有料課金は、日経新聞電子版以外はあまり成功していません。堀江さんが経営者ならどうしますか。

堀江:僕は今度、「NewsPicks」のアドバイザーになるのですが、ああいうニュースキュレーションという形が、ひとつの軸になっていくと思います。いいことを言っている人が、いろいろなところに分散していますよね。

――確かに。

堀江:あと、今の時代にストレートニュースはあまり響かないと感じています。

――価値が落ちていますよね。

堀江:なぜ価値が落ちているかというと、やっぱりソーシャルメディアの時代になって、当事者が発信するようになってきたからです。たとえば、自治体の市長が積極的にツイッターやフェイスブックを使って発信していっている。もうメディアをすっ飛ばして、ダイレクトにフォロワーに伝えています。この傾向はますます広まっていく。

では、メディアの価値とは何なのか。メディアの本質は、情報の仲介者ですよね。でも、仲介する必要がなくなった。ある意味、中抜きですよ。そこにあえて仲介者がいる価値って何だろうと考えたら、ニュースを翻訳することでしょう。

――池上彰さんのような。

堀江:大前研一さんとか。要はニュースをわかりやすく伝えるということが大事で、そういうメディアを作ればいいのになと思います。だから、僕はやりますよ。20人ぐらいの識者を集めて、市民のためのメディアを作ります。つまり、ニュースの解説をするのですが、ワイドショーみたいな可もなく不可もなくというコメントではないですよ。

今日もテレビをたまたま見ていたら、ホテルのメニューの偽装事件をやっていました。芝エビじゃなくて、なんちゃらエビを使っていた、みたいな話をねちねちと。それを識者の人たちが「とんでもないですね」「ありえないです」とかコメントして。でも、僕らが聞きたいのはそこではない。ぶっちゃけ偽装されて困るかといったら、たいして困らない。

多くの会社がおそらく同じようなことをやっていて、今、慌てて社内を調べさせていると思いますが、なぜそういうことが起きてしまうのか、背景を調べなければいけない。

消費者だって、マグロのトロがその値段で食えるのかとか、ちょっと考えようよと。明らかにおかしいじゃないですか。どういうふうにそのニュースをとらえるべきかを、解説してほしいですよね。

次ページ地方紙は有望
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 就職四季報プラスワン
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?