ホリエモンが、もしメディアの経営者だったら 堀江貴文氏インタビュー(下)

拡大
縮小

僕だったら東京MXを買う

堀江:でも今、面白い現象が起きています。深夜枠って制作委員会方式で買えるのです。深夜枠を買って、番組を安く作って流して、それをDVD化したりして回収している。作った番組を地方局に「おカネはいらないから流してくれ」と言うと、地方局はコンテンツがタダで手に入るので流しますよね。そうすると、DVDがすごく売れるらしいのです。

堀江貴文(ほりえ・たかふみ)
実業家、ライブドア元代表取締役CEO、SNS株式会社ファウンダー

1972年福岡県八女市生まれ。東京大学中退。96年、有限会社オン・ザ・エッヂ設立。02年、旧ライブドアから営業権を取得。04年、社名を株式会社ライブドアに変更し、代表取締役CEOとなる。2006年1月に証券取引法違反で逮捕され、懲役2年6ヵ月の実刑判決が下る。2011年6月収監。2013年3月27日仮釈放。著書多数。

だから、ネットと融合する必要もないというか。東京MXとかを買って、いいコンテンツを作ることができると、すごいことになるかもしれない。僕だったら今、東京MXを買いますね。

――最近、MXは面白くなってきていますよね。

堀江:MXはすごい新境地を開拓しましたよ。「5時に夢中!」って、夜の商売の人にとっての「あさイチ」みたいな番組です。

――マツコ・デラックスさんもあの番組から出ました。

堀江:ミッツ・マングローブさんもそう。僕、ミッツさんと初めて会ったの「5時に夢中!」ですよ。テレビ局はやっぱりMXがいちばんいいポジションにいると思います。

――では、堀江さんだったらMXを買って、コンテンツに投資をしまくり、地方局に売る、もしくはタダで配る、と。

堀江:もう何百億円とかけて、いいコンテンツをバンバン投入しますよ。もちろん、オンライン動画配信などもマネタイズしていきますが、いちばん大事なのは月額会員を獲得すること。だから、スマートフォンアプリなどで徹底的に顧客誘導して、月額課金に持っていく。課金しないとできないような参加型のコンテンツを作ります。

僕が当時、それをテレビ局に説明したら、「凡庸なアイデアしか出てこない」と言われましたけど、どうして凡庸じゃダメなのか。凡庸なものをたくさんやればいいのです。

今だったら、番組中にアンケートやクイズを出して、スマートフォンでリアルタイム投票して、5秒後に画面に結果を出すとか、ニコニコ動画もやっているようなことを当たり前にやらなければいけないと思うのですが、やっていないですよね。そういう通り一遍のことの積み重ねでいいのに、いまだにやっていないのが信じられない。

――オンラインDVDレンタル事業を手掛ける米国のネットフリックス(関連記事:加入者3000万人!急成長するネットフリックス)は、100億円も投資して、自社でいいドラマを制作してネット配信しています。そういう企業が日本でも出てくると面白い。

堀江:僕らはそれをやろうとしていたわけですよ。オンラインDVDレンタルサービスって、日本では僕らがいちばん最初に始めましたからね。「ぽすれん」というサービスを。今はゲオに売却されましたが。同時期にツタヤ(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)が「ディスカス」を始めました。

今、いちばんネットフリックスに近い位置にいるのは、DMM.comですよ。まだアダルトがメインですけど、最近、独自制作のコンテンツで「艦隊これくしょん~艦これ~」というのがはやっています。まあ、自衛隊の艦隊が美少女キャラになっているという、僕にはよくわからないコンテンツですけど、「艦これ」はすごいです。バズってますよ。DMMの会長がやっぱり先進的なのです。

次ページメディアの価値とは何か
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
Netflixが日本での「アニメ製作」を減らす事情
Netflixが日本での「アニメ製作」を減らす事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT