日本発の「古楽アンサンブル」が飛躍した理由

首席指揮者に就任した鈴木優人氏に聞く

――BCJにかかわった歳月は?

鈴木:これは複雑な質問ですね。なんと言っても家の中全部がBCJですから、かかわって28年になるとも言えます(笑)。父がリビングに入ってきて「決めた!(名前を)バッハ・コレギウム・ジャパンにしよう」と叫んだのを今でもよく覚えています。

僕は当時8歳でしたが、それ以来ずっとBCJを見続けているわけです。プロジェクトが始まると家の中が戦争のような状態になり、借金はかさむしとにかく大変でした。母が「今日もアジの干物でいい?」なんて言うのですが、僕はアジの干物が大好きなので“何が問題なのか”という感じでした(笑)。

これは美談でもなんでもないですけれど、バッハのカンタータのメッセージそのものに助けられて今まで来たという感じです。いま振り返ってみると“バッハのカンタータを全曲やり通した”という実績のみが残っていますが、やっている最中は目の前の小さな障害ばかりが目についていたのです。たとえば所属していたはずの事務所から突然放り出されるとかですね。それで現在の千駄ヶ谷の事務所に移ったのです。4畳半みたいなとても狭い事務所ですけれど、そこから生まれる音楽はとてつもなく大きいのです。そういう苦労をずっと見続けてきたのです。

――BCJの今後とは?

(写真:©K. Miura)

鈴木:使命としてバッハのカンタータを中心とした音楽を可能なかぎり広く届けるということと、次の世代にバッハの音楽を伝えていくということが重要だと思っています。BCJがカンタータを録音する中ではからずも培ってきた職人技があるのです。それはBCJの中で演奏しないと絶対に伝えられないものなのです。そういったものを若い人たちに伝えていきたいですね。

バッハを演奏すること自体はどんな楽器でもどんな演奏でも経験があってもなくてもできるわけです。それがバッハの音楽のすばらしいところですが、BCJとしてはそういった経験を力にしつつ新しいバッハをつねにやっていきたい。同じ曲でもやるたびに進化していくところがBCJの良いところだと思います。

クラシックに未来はあるか?

以上、鈴木氏へのインタビューをお届けした。

第130回定期演奏会では「クリスマス・オラトリオ」全曲が演奏される

 

鈴木氏はBCJの演奏メンバーとしては、2002年のサントリーホール・クリスマスコンサートに「メサイア」のオルガン奏者として参加したのが最初だという。バッハの時代に指揮者という職業はなく、「指揮者です」と言っても誰も仕事をくれない時代だった。

そういう時代の音楽をやっているのに指揮者だけでいることはできないと言う。指揮者、鍵盤奏者、さらには作曲家として活動していくことから生まれる相乗効果が大きいのだろう。

「自分の立ち位置を一言で言えばコミュニケーターですかね。音楽そのものを通してみんなの耳に訴えるのが好きなのです。ワインを楽しむようにもっと気軽に音楽にアクセスしてほしい。僕にとって現状でいちばんいいと思えないものの1つがクラシック。まさに突っ込みどころ満載です。その意味でも“クラシックには未来しかない”と思っています」

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT