転職より楽!「今の仕事」をまた好きになる術

ニューヨーカーが実践する「努力なき努力」

(3)個人の不安を全体への貢献へ変換する

締め切りへのプレッシャーや、自らの評価にかかわる重要な場面で力を発揮できないことへの恐れ。そんな不安が湧いたときに、気持ちをエフォートレスな方向へ導いてくれる方法があります。コーチングでは「アファメーション(肯定的な宣言)」と呼ばれ、それをできれば声に出して唱えることで不安が和らぎ、脳が次の展開を予測しやすくなるという効果があります。

プレッシャー、不安、モチベーションの低下を感じたら、「イッツ・ノット・アバウト・ミー」というフレーズがお勧めです。意訳すると「これは個人の感情の問題ではない」という意味合いになります。

個人の感情より重要な課題がある

この言葉を唱えることで、「自分がどう見られるか? 結果はどうなってしまうのか?」といった恐れを超えて「その瞬間、最も重要なことは何か?」という1点にマインドを集中させることができます。

『ニューヨークのライフコーチが教える ありのまま輝くエフォートレスな生き方』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

たとえば、大切なプレゼンテーションを控えている場合は、「イッツ・ノット・アバウト・ミー。これが個人の感情の問題ではないとしたら、いま集中すべきさらに重要な課題がある」と宣言します。

するとおのずと、「クライアントの満足度や安心感を少しでも上げられるとしたらどう工夫できる?」「プレゼン後に、プロジェクトのメンバー全員が笑顔になれたら嬉しい」など、個人の不安を超えたところにある全体への貢献感にコミットした答えが浮かんでくるはずです。そのワクワクする感覚はあなたのセルフイメージを上げ、周りにも伝播するエネルギッシュなパフォーマンスを引き出してくれます。

エレメント、主体的なスタンス、全体への貢献感。これらを見直すことで、自分の立ち位置やいますべきことがクリアになり、さらに進むべき方向へと視界が開けるすがすがしさを味わってください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。