トランプ誕生は「1960年代からの必然」だった

「政治学の巨星」パットナムが語るアメリカ

トランプ政権が誕生した社会的背景を踏まえて、アメリカの現代の問題点などを鋭く指摘していく(撮影:梅谷秀司)
アメリカ国民は、中間選挙でトランプ大統領にどのような審判を下すのか。アメリカ社会の崩壊を予測したベストセラー『孤独なボウリング』や『われらの子ども』で世界的に知られる政治学者が、トランプ政権とアメリカの未来について熱く語った。

アメリカ中間選挙はどうなるのか?

11月6日に行われるアメリカの中間選挙は、トランプ政権にどんな影響を与えるだろうか。選挙と言っても、大統領の当落が決まるといったものではもちろんない。ただ、上院議席の一部(35議席)と、下院議席のすべて(435議席)が審判にさらされ、政治のパワーバランスが大きく変わることになる。

現在は、上院、下院ともトランプの共和党が過半数を占めている。中間選挙後、これがどうなるか。現時点での私の予想では、上院は選挙後も共和党が過半を占めるだろうが、下院は逆転して、民主党が過半を握ることになるだろう。

すると、下院の各委員会の委員長ポストが民主党に移ることになる。委員長は調査権を持っているので、その権限をフルに生かしてトランプ政権の過去2年間の粗探しが始まるだろう。トランプは、これまでのような強引な運営はできなくなるはずだ。

オバマ政権の最後の時も、これと同じ現象が生じた。2014年の中間選挙でオバマの民主党は敗北し、上院、下院とも共和党に過半数を握られた。この影響もあって、オバマの後を受けたヒラリー・クリントンは共和党のトランプに敗れた。今回民主党が下院の過半数を握ることになれば、それは次の2020年の大統領選挙でトランプに不利に働くはずだ。

今回の中間選挙で私が特筆すべきと思ったのは、女性たちが政治を語り始めたことだ。これまでは、PTAなど、女性たちの交流の場で政治が語られることはなかったが、それが今回変わった。

次ページトランプ政権の誕生のきっかけは…
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT