日立vsアルストム「イタリア電車対決」の軍配

愛称「ロック」と「ポップ」並んで同時デビュー

ポップの窓間の座席。外の景色が見えない座席はヨーロッパでは珍しくないが、台車や機器配置の都合で前の座席が一段高く、狭く圧迫感がある(筆者撮影)

ロックに比べると、ポップはもう少し空間に余裕がある。だが、ちょうど窓間の柱にあたる部分で窓がない座席が1カ所あった。こういった「窓なし座席」は欧州の車両では決して珍しくないが、ポップの場合はこの部分に台車や機器があり、さらにその先から床がカサ上げされているため、座ると周りがまったく見えず、非常に圧迫感のある座席となっている。

ここは無理に座席を設置せず、荷物置き場にするとか、せめて座席を反対方向へ向けることで、多少は圧迫感を避けられたのではないだろうか。設計者はわからないが、こういった部分については欧米は意外に無頓着だと感じる。

イタリアでの評価はどうなる?

列車の印象を決定するデザインについては、両車種とも特定の外部デザイナーを採用しておらず、いずれも社内でデザインされている。両メーカーともに、少なくとも前世代モデルまでは外部デザイナーを起用しており、たとえば旧アンサルドブレダ製のTSR型はピニンファリーナ、アルストム製コラディア・メリディアンの初代型である「ミヌエット」はジゥジアーロ、2代目の「ジャズ」はベルトーネ(内装のみ)と、イタリアのカーデザインで有名なデザイナーが手掛けている。

この点について日立の技術者に聞くと「これはフレッチャロッサ(イタリアの高速列車)じゃないだろう?」という返事だった。イタリアの車両というと、通勤で使う足代わりの電車であっても有名デザイナーの作品だというのがこだわりであったが、最近は高速列車など特別な車両でしか外部デザイナーは起用しないようだ。合理化ということなのだろうが、少々惜しい気もする。

いくつか難点も挙げたものの、両車種ともに次世代のイタリアの都市近郊輸送を担う期待のホープであり、デビュー後に現地でどのような評価を獲得するのか注目される。特に日立にとっては、イタリアの地元企業であったアンサルドブレダを買収後、一から設計した最初のイタリア向け車両であり、その評価は非常に気になるところだろう。会場には多くのイタリア人も訪れていたが、聞こえてくる声の多くはポジティブな印象を与えるものだった。運行開始後も、地元の人に好印象を持って迎えられることを願ってやまない。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 住みよさランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
民放キー局が「TVer」に任せた2つの大役と不安
民放キー局が「TVer」に任せた2つの大役と不安
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT