日立製車両が架線切断、ロンドン鉄道大混乱 試験列車でトラブル、一体何が起きたのか?

印刷
A
A
日立製車両のクラス800。今回、架線を切るトラブルを起こしたのは同タイプのクラス802だ(筆者撮影)

ロンドン最大級の鉄道ターミナル・パディントン駅発着の全列車が臨時運休―――。10月17日(イギリス時間)の通勤ラッシュ時、信じられないようなニュースが飛び込んできた。

運休の原因は前日夜、本線上を試験走行していた日立製新型車両が架線をひっかけ、500mに渡って「激しく損傷した」からだという。同駅は平日は1日当たり10万人が利用し、空の玄関・ヒースロー空港と市内を結ぶ特急列車の発着点にもなっている。はたしてどんなトラブルだったのか。

トラブルは新型「クラス802」

パディントン駅には、イングランド南西部やウェールズ方面とをつなぐグレートウェスタン鉄道(GWR)が乗り入れている。

同鉄道には、日立が製造したインターシティエクスプレストレイン(IET)が走っている。今回トラブルを起こしたのは、パディントンとイングランド西部のデボン州やコーンウォール州を結ぶ列車に使われる「クラス802」と呼ばれる車両。ウェールズ方面への路線で使われる「クラス800」と同様、電化区間だけでなく、非電化区間でもディーゼル発電機を回すことでそのまま乗り入れできる「バイモード」車両だ。イングランド西部へのルートはロンドンから距離が遠いことに加え、勾配がきつい場所もあるため、クラス800に比べて燃料タンクが大きめなのが特徴だ。

すでに日立は「クラス802」の最初の数編成をGWRに引き渡しているが、今回トラブルを起こしたのは、まだ日立側が所有する、試験走行に使う編成だったという。

次ページ原因は架線なのか、それとも車両なのか
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
ANAとJAL、燃油サーチャージ「空前の高値」の苦悩
ANAとJAL、燃油サーチャージ「空前の高値」の苦悩
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT