米国で苦戦のスターバックス、優等生の日本も減速

米国で苦戦のスターバックス、優等生の日本も減速

外食チェーンで一、二を争う出店数で高成長を遂げたスターバックスコーヒージャパン。今年7月のドリンク値上げ以降、客数減少に歯止めがかからない。書き入れ時の8月は、既存店客数が前年同月比8・5%減と大幅に落ち込んだ。9月、10月も客数は6%減が続いており、回復の兆しは見えてこない。牛乳などの食材高も追い打ちとなり、2009年3月期の業績を引き下げた。期初計画の営業利益71億円(前期67億円)の増益予想から一転、50億円となる見通し。利益2ケタ増の快進撃は、6期目にストップした。

一方、米スターバックス本社も、創業した1971年以来の苦境に立たされている。08年7~9月期の純利益は548万ドル(約5・4億円)と、前年同期比96・6%減まで縮小。国内600店(9月末時点で1万1567店)を閉鎖する計画だ。

もはや米国は飽和状態。米本社の頼みの綱は、海外市場となっている。9月末時点の海外店舗数は5113店で、このうち日本は16%を占める。日本法人は米本社に売上高の5・5%をロイヤルティとして支払っており「日本は優等生と自負している」(日本法人幹部)。中期的に1000店の強気計画も変えていない。

しかし既存店が低迷する中、想定以上に店舗費用が重くのしかかる。今期は不採算15店を閉鎖するが、「景気悪化で、今後は一段と不採算店が増えるかもしれない」(日本法人幹部)と懸念する。それでも日本法人には、大幅な退店が許されない事情がある。米国本社から、期末店舗数のノルマが課せられているのだ。ノルマに達しなければ、新規出店の権利を解除される可能性もある。今のところ今期末の計画816店に対し出店は順調に進んでおり、ノルマの776店を楽に上回る。しかし長期的に見ると、出店戦略に影響が出てくるおそれもある。

これまでスターバックスは、高級路線が支持されて順調に出店を伸ばしてきた。しかし個人消費が落ち込む中、日本法人を取り巻く環境も一段と厳しさを増している。

(山本亜由子 撮影:今井康一 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT