乳製品不足で「社員90人商社」が活躍するワケ

ラクト・ジャパン、輸入量トップの秘訣

特にチーズでは躍進が続き、直近では輸入品のシェアは20%近い。2016年度までの10年間でチーズの輸入・消費量は20%伸びた一方で、同社の取扱量は3倍にまで拡大している。

輸入では規模の大きい総合商社と競合する中、同社がここまで拡大できたのはなぜか。三浦元久社長は「ほかの商社と違ったのは、調達先の豊富さ」を強調する。

契機になったのは2008年のリーマンショックだ。世界経済が混乱する中で、乳製品の相場も乱高下。乳業メーカーの多くが調達地を豪州やニュージーランドに限っていたため、相場の影響をモロに受けた。

「全方位外交」が生きる

調達地の分散が必要になる中、存在感を高めたのがラクト・ジャパンだった。同社は調達・販売先で資本関係の制約が薄く、「全方位外交を貫いてきた」(三浦社長)。調達先はオセアニア地域に加えて北欧やカナダ、南米などの25カ国に及び、各国における最大規模の酪農家を中心に250に広がっていた。調達先の多さは安定供給や価格面で有利に働き、メーカーからの引き合いが一気に強まった。

「この10年の乳製品の需給ギャップの拡大は想定以上だった」(三浦社長)。国産にこだわっていたメーカーも、輸入品を使わざるをえない状況が続いている。

同社は社員数が90人弱と小規模ながら、平均給与は850万円を超える高水準。東洋経済が7月に集計した全国の推定生涯給料ランキングでは、上場企業約3200社のうち63位に入った。三浦社長は「競合になる総合商社に比べて知名度で劣る分、彼らと対抗するためにも社員には待遇で報いている」と話す。

次ページ業績は絶好調
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。