先進国初!カナダが大麻を合法化したワケ

供給体制を厳格に管理

10月17日、カナダは嗜好品としてのマリフアナ(大麻)の所持・使用を合法化した。先進国としては初めてとなる。ただ連邦政府のほか多くの州政府は慎重な姿勢をとっており、大麻入り食品などの解禁は1年先としたほか、大麻の供給体制も厳格に管理。カナダ最大の都市トロントのほか、バンクーバーでは大麻小売店はまだ開店していない。写真は ニューファンドランド・ラブラドール州の大麻小売店で(2018年 ロイター/Chris Wattie)

[トロント/セント・ジョンズ(加ニューファンドランド・ラブラドール州) 17日 ロイター] - カナダは17日、嗜好品としてのマリファナ(大麻)の所持・使用を合法化した。先進国としては初めてとなる。ただ連邦政府のほか多くの州政府は慎重な姿勢をとっており、大麻入り食品などの解禁は1年先としたほか、大麻の供給体制も厳格に管理。カナダ最大の都市トロントのほか、バンクーバーでは大麻小売店はまだ開店していない。

カナダ東部のニューファンドランド・ラブラドール州では深夜に小売販売が開始された。州都セント・ジョンズではカナダの大麻生産会社キャノピー・グロース<WEED.TO>が所有する小売店の前に寒さのなか100人以上が行列。購入者の1人は「合法大麻の初めの1グラムを購入し、カナダでの非合法の終わりを見届けるために今晩ここに来た」と述べた。

カナダでは過去約1世紀にわたり大麻は非合法とされていた。ただ多くの州政府が承認した小売店の数がこれまでのところ限られていることに加え、承認済みの小売店への供給も不足しているため、合法化されたとは言え、当面はブラックマーケットへの依存が続く。

ライアソン大学の大麻ビジネス専門家、ブラッド・ポウロス氏は「(合法化を受け)今日はお祭り騒ぎとなるが、大方は非合法大麻を使ったお祭り騒ぎとなる」と指摘。「嗜好品としての大麻使用は、法制度が追いつくまで現在の供給源に依存するしかない」としている。

犯罪組織への資金源断絶を目指す

カナダのトルドー首相は、犯罪組織への資金源断絶のほか、多くの国民が非合法で使用していた大麻の生産、流通、消費を規制下に置くことを目的に、大麻合法化を2015年の選挙公約の1つに掲げていた。合法化の実現はトルドー政権にとり政治的な勝利となる。

ビル・ブレア国境安全・組織犯罪減少相は記者団に対し「カナダでは1世紀にわたり大麻を非合法としてきたが、子供と社会を守ることはできなかった」とし、合法化により「大麻の生産、流通、消費のすべての様相において秩序をもたらすことができる」と述べた。

ただ州政府のほか、大麻事業者の間でも準備が滞り、合法化は当初予想されていた7月から遅延されていた。

カナダ最大の都市トロントがあるオンタリオ州では、制度変更のため小売店の開店は来年4月になる。このほか、ブリティッシュコロンビア州では民間部門のほか州政府が運営する大麻小売店が開店する予定だが、現在は最大都市バンクーバーから350キロ離れた場所に政府運営の小売店が1店あるのみ。現時点では民間部門でライセンスを取得した企業はない。

オンタリオ州やブリティッシュコロンビア州とは異なり、より多くの小売店が開店した州でも、供給不足により店頭に十分な商品が並ばない公算が大きい。ウオータールー大学などが実施した調査では、当面は合法大麻は需要の60%以下しか満たせないことが示されている。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。