東京に登場「レストランバス」の食べ心地は?

眺めと食事は満足、でも座席はちょっと窮屈

今回は試乗会ということで実際の運行コースとは異なり、20分ほどかけて皇居の周りを走行した。一つひとつの車窓に対して「この建物は何だろう?」という疑問がわいてくる。知っているようで案外知らないものだ。実際のコースでは、GPS位置情報を利用した自動音声で案内をしてくれる。スポットは50カ所ほどとのこと。また、英語、中国語、韓国語に対応した端末も用意されている。

屋根をオープンにすると広々とした眺めが広がる。オープントップだが空調は完備している(編集部撮影)

走行中、はとバスの「オー・ソラ・ミオ」、日の丸自動車の「SKY BUS」を見かけた。どちらもレストランバスと同様に2階建てのオープンバスを使用し、都内を1時間ほどかけて周遊する(日の丸自動車については乗降自由の「スカイホップバス」もある)観光客向けのバスだ。

「東京レストランバス」のターゲットは、前述の「外国からのビジネスパーソン」以外に、観光客(訪日客、日本人の両方)、女子会、記念日、そして「上京した母と娘」。私のことか。思い出したのは、ちょうど1年ほど前のこと。上京した母と「オー・ソラ・ミオ」に乗車したが、1人あたり1800円という手頃な価格で効率よく都内の名所を見て回ることができ、満足度は2人とも高かった。下車後は、都内の有名店でフランス料理の手頃なランチを食べた。

東京レストランバスで料理を担当するLEOCはフードサービスの大手ではあるが、メインは社員食堂などのB to B。料理は文句なしにおいしかったものの、上京した母を連れて乗る娘心としては「食事はやっぱり東京の有名店で……」とも思ってしまう。また、はとバスであれば、同乗するバスガイドさんの案内も楽しみの1つだ。自動音声案内はちょっと寂しさを覚える。こう感じる観光客にどこまで魅力をアピールできるかが、レストランバスの人気を高めるうえで重要になりそうだ。

今後は和食の展開も?

東京レストランバスは11月下旬以降にもう1台バスを投入する予定で、こちらはフランス料理ではなく、和食を考えているという。

2016年3月に登場したレストランバスの1号車。これまで国内各地の観光地を期間限定で運行している(編集部撮影)

また、貸し切りという形態を採用しているため、コース変更を比較的容易に行うことができる。今後は利用者の反応を見ながら、経路やサービスについて柔軟に対応していきたいとのことだった。

今や「レストラン列車」は各地で運行され、珍しいものではなくなりつつある。また、前述のように「オープンバス」も都内では頻繁に見かけるようになった。東京レストランバスのような都内の観光手段も、今後は続々と増えていくかもしれない。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。