東京に登場「レストランバス」の食べ心地は?

眺めと食事は満足、でも座席はちょっと窮屈

乗車すると、1階左手にはキッチンスペースが見える。

1階にあるキッチン。調理器具はすべて電気を使用する(編集部撮影)

食材は営業所で1次加工され、ここで2次加工されることとなる。IHヒーターをはじめとした電気調理器具があり、ホットミールの提供が可能だ。

また、正面にはお手洗いも設けられている。ランチコースであれば2時間半、ディナーコースであれば3時間かけて国会議事堂や東京タワーといった名所を回りながら食事をする。途中のアクアシティお台場で30分の自由時間があるとはいえ、飲食をしていればどうしてもお手洗いは気にかかる。車内に設置されていることで、安心感が大きい。

4人テーブルの様子。やや大柄な2人が並んで座るとちょっと窮屈気味(編集部撮影)

階段を上って2階に向かい、指定された2人席に座った。東京レストランバスの乗客定員は25名。テーブルは7卓配されており、2人席、または1人席が向かい合わせで設けられている。

今回、隣には同行の男性編集者が。私も編集者も、日本人の平均より、縦横共に体が大きくできている。2人で座ると席はちょっと窮屈気味で、顔を見合わせて「これは身動きが取れませんね」と感想を漏らしてしまった。

料理がフレンチの理由は?

全員が着席したところで、バスは発車した。動き出しは非常になめらかだった。それもそのはず、東京レストランバスは、社内で選抜された熟練者によって運転されているからだ。進行方向とは反対のシートに着席していたのだが、これなら乗り物酔いの心配もなさそうだ。

さっそく、前菜を順番にフォークでいただく。スタッフエッグと生うに、ローストビーフと焼ねぎ、アスパラガスと甘海老のカクテルソース、フランス産ブルーチーズ……。どれもおいしく、あっという間に平らげてしまった。

これまで地方で運行されてきたレストランバスでは、各地域の素材を活かした料理が出されていたが、東京レストランバスで出てくるのは、フランス料理のコース。「何が何でもフランス料理にしたい、という気持ちがあったわけではありません。内装に合う料理は何かと考えたとき、フレンチとイタリアンが候補にあがったんです」(平山社長)。車内にはLEDライトや間接照明を配しており、ディナーコースではラグジュアリーな演出がなされるという。

次ページオープンエアでも空調は完備
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。