大坂なおみ、ミス目立ち準決勝で敗退

北京の中国オープンで

第8シードの大坂なおみ(写真)はアナスタシヤ・セバストワに4─6、4─6で敗れ、決勝進出を逃した(写真:ロイター/Thomas Peter)

[6日 ロイター] - テニスの中国オープンは6日、北京で女子シングルス準決勝を行い、第8シードの大坂なおみはアナスタシヤ・セバストワ(ラトビア)に4─6、4─6で敗れ、決勝進出を逃した。

大坂はアンフォーストエラー42回とミスが目立ち、第2セットでは腰の問題にも悩まされた。

勝ったセバストワは決勝で第2シードのキャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)と対戦する。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。