大坂なおみ、ミス目立ち準決勝で敗退

北京の中国オープンで

第8シードの大坂なおみ(写真)はアナスタシヤ・セバストワに4─6、4─6で敗れ、決勝進出を逃した(写真:ロイター/Thomas Peter)

[6日 ロイター] - テニスの中国オープンは6日、北京で女子シングルス準決勝を行い、第8シードの大坂なおみはアナスタシヤ・セバストワ(ラトビア)に4─6、4─6で敗れ、決勝進出を逃した。

大坂はアンフォーストエラー42回とミスが目立ち、第2セットでは腰の問題にも悩まされた。

勝ったセバストワは決勝で第2シードのキャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)と対戦する。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT