山手線は深夜も動いた!「計画運休」一部始終

京浜東北、中央線「最終列車」は何本も走った

東京に乗り入れた山手線でも、最終列車の案内が始まった。東京駅に着いてから山手線はこの時間でも10分間隔で走っていた感じだが、すべて大崎止まりだった。

「21時44分、新橋・品川方面行き最終電車です。この時間、このほかのすべての在来線、京浜東北、中央、上野東京ライン、横須賀線……は終了しました」と、女性駅員が話している。ついでにいうと上野・池袋方面行きの逆回りの山手線は21時59分発が最終というアナウンスが流れた。

1両に10数人程度の閑散とした乗客で、なるほど20時から順次止まるというのはこういうことか、と納得しかけたのだが、この列車が終わりではなかった。最初は聞き間違いかと思ったのだが、別の女性の声で再びアナウンスが流れ始めた。

「山手線の最終電車、新橋・品川方面大崎行きは22時15分……」

通常、東京駅を出発する在来線は山手線が最後である。計画運休でも山手線だけはこの後も動き続ける。22時15分の次は最終電車ではなく、23時20分も「回送電車」という名前で客を乗せて動いた。

ひとまず駅のホームから新幹線改札へと移動してみる。

駅構内に座り込む利用者

最終列車を送り出し、人影がまばらな在来線とは違って、新幹線改札口の周囲には座る椅子もないほど、多くの人が集っていた。この人たちは何を待っているのだろうか。1人の男性は、少し怒り気味だった。

「在来線が8時に止まるっていうから、早めに来て新幹線を待っていたんだよ」

東京駅発の青森・秋田・盛岡方面は20時台、新潟、仙台方面は21時台、那須塩原行きは22時、最も遅い越後湯沢行きは22時28分の発車だった。さらに到着となると、はやぶさ・こまち42号、MAXたにがわ416号が23時台に到着する。計画運休で、早々と駅じまいという感じでは、とてもない。

それどころか、八重洲口改札口を出ると、すべての券売機が発売中止を表示するまで、多くの人が座り込んでいた。駅の柱という柱に、お互いが視線を合わせてにらみ合わないように、うまく組み合わさっている。20代に見える若者が多く、スーツケースをテーブルにしてトランプで時間をつぶす4人組の女性グループ、シートを敷いて寝入る中年男性、ヒールを脱いで足を投げ出す女性など。

次ページ列車ホテルが登場
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT