山手線は深夜も動いた!「計画運休」一部始終

京浜東北、中央線「最終列車」は何本も走った

八重洲口からは深夜の高速バスも発着する。列車同様にバスも運休を重ねているためかと思いきや、バス待ちの人の多くは駅の外で待ち、駅構内に座り込む人は列車乗客のようだった。もうほとんどの列車は最終を終えた。まもなく駅も閉まるのではないか。駅務員は状況をこう説明した。

「駅を終日開けるかどうかは決まっていないんですよ。新幹線で車泊対応するかもしれないのですが――」

駅を管理するJR東日本に電話で問い合わせたところ、「駅は通常通り閉めます。車泊は1編成だけです」とのことだ。すでに改札を出ている人に車泊は難しいのかもしれない。

23時を過ぎて再び駅に入ると、列車ホテルの案内が聞こえた。

「女性のお客様は4号車から乗車し1号車から4号車まで、家族連れのお客様は6号車から入り7号車、8号車まで。男性のお客様は9号車から入り10号車までをご利用ください」

注意深く情報収集を

さて、20時から順次止まる在来線は、東京駅ではいつまで動いていたのか。それはアナウンスに耳を澄ませる人だけにわかった。ホームでは「回送(Out of Service)」と表示されており。実際、ひと昔前ならバックパッカーと呼ばれたかもしれない15人ほどの外国人の集団は、しばらく待っていたがいなくなってしまった。山手線回送電車は、23時14分大崎止まり、23時20分池袋止まりが、本当の最終だった。東京駅に到着した新幹線乗客の一部や、途方に暮れた人の一部を乗せたものだった。

回送という表示のせいか、降りる人はいても、乗り込む人は誰もいない。駅に降りると利用者より駅務員や警備員のほうが多いという、山手線では見たことのないような光景が広がった。

計画運休とは利用者が残っていても、運転を打ち切るという意味ではない。鉄道事業者は利用者の状況を見ながら運休を決めている。計画運休に遭遇したときは、あきらめずに情報を収集してみるといいかもしれない。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT