「超一流」と「一般人」越えられない休み方の差 「有給クイズ騒動」は休み下手の典型例だった

拡大
縮小

「有給クイズ」のように「休まずに働くことを良し」とする上司や職場の雰囲気もあるため、会社勤めの人であれば、自分都合で休みを取ることも難しいでしょう。とはいえ、自分自身で休むときの最適な判断基準を持っていれば、いざというときに休暇を自分でコントロールすることができます。休暇を前向きに取るためにも、休暇を取るうえでの判断基準を覚えておくといいでしょう。

たとえば、一般的な方がやりがちなのが、「カレンダーどおりに休む」ことです。ただし、これでは仕事が忙しいと休日返上で働かなければなりません。せっかく休暇を取ったのに、思うように休めなければ、自分自身の負担も増えてしまい、その休み方は三流と言わざるをえないでしょう。

なかには「仕事の進捗に合わせて休む」という方もいます。「このプロジェクトが7月末に終わるから、夏休みは8月第1週に取ろう」という予定の立て方です。

ですが、仕事ができる人ほど、新しい業務を任されて忙しいため、どうしても「仕事が優先、休暇は後回し」になってしまいます。仕事優先でいるかぎり、心身に疲れがたまり、パフォーマンスが落ちていきます。これは休みとしては二流です。

超一流は「自分が休みたい日に休む」

その点、超一流は休暇を優先します。

「自分が休みたい日に休む」のです。

『超一流、二流、三流の休み方』(あさ出版)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

思うように休みが取れない会社員の方からすれば「非現実的だ」と思うかもしれませんが、たとえば、いまのうちから、来年の夏休み、あるいは年末年始の休みを確定させてスケジュールに組み込んでおけば、休暇を前提に仕事の予定を組むので、仕事に振り回されることがなくなります。

表立って「休む」と公表しにくい方は、会社の共有スケジューラーなどの書き込みを工夫するのも手です。

「旅行」を「出張」と記入する、「休日」を「準備」などと記入することで、余計な詮索をされにくくすることもできるでしょう。

「休暇=仕事から逃れる機会」ではなく「休暇=最高のパフォーマンスを発揮する充電期間」と考えることで、休みへの意識も変わるはずです。

アスリートが「休むのも仕事」と考えるように、心身のコンディショニングの一環として、仕事も休みも主体的にコントロールしていくことが、これからの時代、大切になってくるといえるでしょう。

新井 直之 日本バトラー&コンシェルジュ代表

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

あらい なおゆき / Naoyuki Arai

日本バトラー&コンシェルジュ株式会社代表取締役社長。大学卒業後、米国企業日本法人勤務を経て、日本バトラー&コンシェルジュ株式会社を設立。『フォーブス』誌世界大富豪ランキングトップ10に入る大富豪、日本国内外の超富裕層を顧客に持つ同社の代表を務める傍ら、企業向けに富裕層ビジネス、顧客満足度向上、ホスピタリティに関する講演、研修、コンサルティング、アドバイザリー業務を行っている

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT