三井住友FG、セディナに疑わしい取引?

三井住友銀行と反社会的勢力のデータ共有化を急ぐが

決算は大幅な上方修正だったが、注目を集めたテーマは・・・(撮影:今井康一)

11月12日、三井住友フィナンシャルグループが2013年4~9月期決算を発表した。期初に2900億円を計画していた同期の連結純益は5057億円へ上振れして着地。通期の連結純益見通しも、期初5800億円の計画が7500億円へ引き上げられた。今春の株価上昇で投資信託の窓口販売が好調で、手数料収入が拡大したことに加え、融資先企業の業績回復で与信関係損益が大幅に改善したためだ。

決算発表記者会見を行ったのは宮田孝一社長だが、その場で記者の質問が相次いだのは、好決算の内容よりも、反社会的勢力との取引問題だった。みずほ銀行(みずほフィナンシャルグループ)の問題があっただけに三井住友銀行にも同様のことがないかが問われた。

宮田社長はこれに対して、「(みずほ銀行で問題になった)キャプティブローンあるいは四者間のローンと言われるような商品は、三井住友銀行では現在取り扱っていない。したがって同様の問題は生じていない」と明言した。

次ページ提携金融機関からの相談
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。