三井住友FG、セディナに疑わしい取引?

三井住友銀行と反社会的勢力のデータ共有化を急ぐが

セディナ以外のグループのノンバンクである、三井住友カード、三井住友ファイナンス&リース、SMBC日興証券、SMBCコンシューマーファイナンスといった会社との間では、三井住友銀行との反社会的勢力の情報の共有は完了している。

宮田社長は「今回の(みずほ)問題が起きる前から、(セディナとの)データ共有を予定していたが、今回の問題が起きて、さらにどれくらい早められるかの検討を行い、半年程度早めることにした」というが、「サイズの問題もあり、いっぺんにデータを共有できるシステムを開発するには、来年度上半期までかかる」とする。

三井住友フィナンシャルグループ全体としての反社会的勢力との関係遮断の取り組みは、まだ途上段階にあるといえそうだ。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。