三井住友FG、セディナに疑わしい取引?

三井住友銀行と反社会的勢力のデータ共有化を急ぐが

セディナ以外のグループのノンバンクである、三井住友カード、三井住友ファイナンス&リース、SMBC日興証券、SMBCコンシューマーファイナンスといった会社との間では、三井住友銀行との反社会的勢力の情報の共有は完了している。

宮田社長は「今回の(みずほ)問題が起きる前から、(セディナとの)データ共有を予定していたが、今回の問題が起きて、さらにどれくらい早められるかの検討を行い、半年程度早めることにした」というが、「サイズの問題もあり、いっぺんにデータを共有できるシステムを開発するには、来年度上半期までかかる」とする。

三井住友フィナンシャルグループ全体としての反社会的勢力との関係遮断の取り組みは、まだ途上段階にあるといえそうだ。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 内田衛の日々是投資
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
CSR企業ランキング2019<br>信頼される会社は?

CSR(企業の社会的責任)と財務の両データで作成する東洋経済版CSR企業ランキング。13回目となる今回はNTTドコモが2年連続、3回目のトップに。SDGs(持続可能な開発目標)など社会課題の解決で順位を上げた企業が目立った。