三井住友FG、セディナに疑わしい取引? 三井住友銀行と反社会的勢力のデータ共有化を急ぐが

印刷
A
A

セディナ以外のグループのノンバンクである、三井住友カード、三井住友ファイナンス&リース、SMBC日興証券、SMBCコンシューマーファイナンスといった会社との間では、三井住友銀行との反社会的勢力の情報の共有は完了している。

宮田社長は「今回の(みずほ)問題が起きる前から、(セディナとの)データ共有を予定していたが、今回の問題が起きて、さらにどれくらい早められるかの検討を行い、半年程度早めることにした」というが、「サイズの問題もあり、いっぺんにデータを共有できるシステムを開発するには、来年度上半期までかかる」とする。

三井住友フィナンシャルグループ全体としての反社会的勢力との関係遮断の取り組みは、まだ途上段階にあるといえそうだ。

 

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT