コンパクトマンションの市況好調は続くか

単身女性に人気の一方で平均単価は上限に近づく

今年4月に売り出された「クレヴィア新中野」は、単身女性を意識した工夫を多く施した

東京23区内のコンパクトマンションの売れ行きが、2000年代半ばの好調時の水準に近づいている。

分譲マンションコンサルティング会社のトータルブレインのまとめによると、今年1~8月に23区内で販売されたコンパクトマンション(平均専有面積30~50平方メートル台)の発売初月の申し込み率は71.3%。2006年(70.6%)以来となる70%台を回復し、2005年の71.4%に接近している。

需給バランスが大幅に改善

首都圏の不動産価格が軒並み上昇した2007~2008年のミニバブル期。23区内のコンパクトマンションもその例に漏れず、2005年には250万円弱だった平均坪単価が290万円台までハネ上がった。

初月申し込み率は2008年には49.6%まで下落。その後も60%台での推移が続いた。

風向きが変わったのは、2012年の後半から。まず1LDKの販売が持ち直し、今年に入ってから2LDKにも波及しだした。

次ページ単身女性が購入層の主体
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。