コンパクトマンションの市況好調は続くか

単身女性に人気の一方で平均単価は上限に近づく

今年4月に売り出された「クレヴィア新中野」は、単身女性を意識した工夫を多く施した

東京23区内のコンパクトマンションの売れ行きが、2000年代半ばの好調時の水準に近づいている。

分譲マンションコンサルティング会社のトータルブレインのまとめによると、今年1~8月に23区内で販売されたコンパクトマンション(平均専有面積30~50平方メートル台)の発売初月の申し込み率は71.3%。2006年(70.6%)以来となる70%台を回復し、2005年の71.4%に接近している。

需給バランスが大幅に改善

首都圏の不動産価格が軒並み上昇した2007~2008年のミニバブル期。23区内のコンパクトマンションもその例に漏れず、2005年には250万円弱だった平均坪単価が290万円台までハネ上がった。

初月申し込み率は2008年には49.6%まで下落。その後も60%台での推移が続いた。

風向きが変わったのは、2012年の後半から。まず1LDKの販売が持ち直し、今年に入ってから2LDKにも波及しだした。

次ページ単身女性が購入層の主体
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT