東大が入試にぶっ込む「頭のよさを測る」問題

「日本のトップ校」が求めている能力とは

この問題を見たとき、次のように考えてしまう人がいます。

「オーストラリア産かぼちゃが多い理由なんて、今まで聞いたことがないから解けない」「この問題は、かぼちゃの生産についての知識を問う問題なんだな」

試験会場の僕も、そう感じてしまいました。

実はこれが落とし穴なんです。問題が解けないとき、知らない情報が出てきたときに、「自分は知識量が足りないから」と考えてしまうと、いつまでたっても問題が解けないのです。

この問題が解けたという東大生に話を聞くと、「かぼちゃの生産」について事前に知っていた学生は、ただの一人もいませんでした。では彼ら彼女らに、どんな知識があったのか?

「南半球は季節が逆」という知識だけです。

みなさんがかぼちゃ好きかどうか僕にはわかりませんが、かぼちゃって、年間を通して食べられますよね? 煮物やサラダ・スープなど、春夏秋冬いつでも食べるものだと思います。

でも農産物は、一つの地域だけでは(たとえば北海道だけでは)、一つの季節でしか生産できませんよね? かぼちゃは秋から冬にかけて収穫できますが、春や夏に食べたい需要もある。

だからこそ、オーストラリアなんです。オーストラリアなら、日本とは季節が逆ですから、日本が春や夏のタイミングで収穫できるのです。これがこの問題の答えです。

この問題をはじめ、東大の入試問題では「すごく単純な知識をうまく使えば解ける問題」が多数出題されています。

「豊富な知識量」≠「頭がいい」

勉強してもまったく成績が上がらない時期が長かった僕は、「頭がいい」とはどういう状態なのかをずっと考え続けてきました。知識があっても東大の問題は解けないし、本を読みまくれば頭がよくなるわけでもない。じゃあいったい、どういう人が「頭がいい」のだろうか、と。

それを知るために、東大に入ってから東大生にインタビューやアンケートなどの調査をし、たどり着いた結論が、この「持っている知識を関連づけて解を導く能力」でした。

いくら知識が多くたって、頭でっかちに「か、かぼちゃについての知識あったっけ……?」と考えていては意味がありません。それでは、いくら知識が多くてもいつまでも問題は解けませんし、知識を活かすこともできない。

それよりも、最小限の知識でもいいから、適切に活かすことのほうが重要なのです。

次ページ活かせない「知識」は、単なる「情報」にすぎない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中高一貫校<br>子どもが幸せになる学校選び

中高一貫校人気が戻ってきたが、学校の選び方は変わりつつある。偏差値だけでない子ども本位の物差しだ。自主性重視か規律重視かなど4要素による「校風マトリックス」やランキングなど、独自の分析で子どもに合った学校が見えてくる。