がんと闘う元UWF戦士が人々を魅了するワケ

垣原賢人さんが抱く「中年のおっさんの夢」

プロレスで培ったエンターテインメント性も取り入れながら、クワレスイベントは着実に認知度を高めていった。しかし2014年、脇や足の付け根にしこりができ、体の疲労も続くようになった。病院で検査を受けると、悪性リンパ腫だと診断された。がん細胞は全身に転移しており、医師からはすぐに抗がん剤治療を受けることを勧められた。著名人が同じ病気で何人も命を落としていることを知り、本気で死を意識したという。「頭の中が真っ白になりました。何も考えられないくらい驚きましたし、悲しかったですね」と、垣原さんは当時を振り返る。

治療費という、経済的な問題にも直面した。募金をしたらどうか、と提案してくれた仲間もいたが、「もっと大変な思いをしている方に申し訳ないから」と、前向きになれなかった。しかし申し出は相次ぎ、イベント会場の片隅に小さな募金箱を置く程度で、という垣原さんの意向で活動が始まった。その様子は新聞や雑誌、SNSなどで広まり、ついには多くのプロレス・格闘技団体が募金活動を行うようになった。2015年8月には、垣原さんをサポートするための興行「Moving On~カッキーエイド~」が開催された。

「あそこまでしてもらえるとはまったく思っていませんでした。病気で気持ちが沈んでいくなか、本当にありがたかったです。仲間たちの温かさを感じましたし、たくさんの応援を受けて自分を奮い立たせることもできました」

家族の支援も大きかった。娘はがん治療に関するさまざまな情報を集め、“ゲルソン療法”と呼ばれる治療法があることを教えてくれた。これは、野菜を中心に摂取し、塩などの調味料や、動物性タンパク質を一切取らないというもの。肉食中心だった垣原さんにとって、苦痛以外での何物でもなかったが、プロレスラー時代を思い出して乗り切った。

「非常に過酷でしたが、これまでものすごくキツい練習をしてきましたし、自分ならできるんじゃないかと。それに、病気に対する不安が膨らむなかで、あえてキツいことをして、気を紛らわせたいという思いもありました」

リングに復帰したい

そのように闘病するなかで、垣原さんはとある思いに駆られる。それは、「リングに復帰したい」というものだった。プロレス番組で、自身の現役時の試合が放映され、それを見て血が騒ぎ始めたのだ。また、リングで暴れまわる姿を見せることが、復活したという何よりの証しになる。

一度決意したら、後戻りできない性格の垣原さん。医師に話すと必ず止められるため、内緒で復帰に向けたトレーニングを再開した。繰り返すが、垣原さんの病状は小康状態にあるだけで、決して治ったわけでない。無茶なチャレンジであることはよくわかっていた。しかし、UWF入門を目指したときのように、湧き上がる衝動に従って、ただひたすら行動した。

そして2017年8月、復帰興行「カッキーライド」は実現した。垣原さんの対戦相手は、恩師である藤原喜明さん。約10分間の試合時間で、10度もタップを奪われた垣原さんだったが、レスラーや1000人以上の観客たちに、ファイターとしての姿をいま一度披露することができた。沸き起こる“カッキー”コールを全身で受けたときの感動を、垣原さんは興奮ぎみに振り返る。

次ページファンの声援は、抗がん剤よりも効く
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • はじまりの食卓
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
名門ホテル激変<br>高級化路線の成否

9月12日、ジ・オークラ・トーキョーが開業した。4年の歳月と建て替え総工費約1100億円をかけ、世界のラグジュアリーホテルに伍して戦える施設に生まれ変わった。パレスホテルなどの成功例も加え、日本のグランドホテルの未来を占う。