「夫を殺害する方法」著者、夫殺害容疑で起訴

自らの「助言」に沿って夫の殺人を実行

 9月13日、エッセー「How to Murder Your Husband」(夫を殺害する方法)の作者である米オレゴン州在住の小説家が、夫の殺害容疑で起訴された。ナンシー・クランプトン・ブロフィー容疑者(写真)は、エッセーに書いた自らの「助言」に沿って夫の殺人を実行したという。(2018年 ロイター)

[13日 ロイター] - エッセー「How to Murder Your Husband」(夫を殺害する方法)の作者である米オレゴン州在住の小説家が、夫の殺害容疑で起訴された。

警察によると、事件を起こしたナンシー・クランプトン・ブロフィー容疑者は、エッセーに書いた自らの「助言」に沿って夫の殺人を実行したという。

射殺された夫は、講師として勤務していたオレゴン調理師学校で6月2日に遺体となって発見された。

ブロフィー容疑者は夫を殺したとみられる後で、フェイスブックに「昨日の朝、私の夫で親友のダン・ブロフィーが殺された」と投稿。「いまは、すべての意味を理解しようと努めている」とつづっていた。

同容疑者は保釈されず、次の出廷まで収監される。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。