「エクストレイル」が意外と売れ続ける理由

日産のSUV、発売5年目で見せる大健闘

発売当初、ガラリと変わったイメージにファンの不満もあったが…(写真:日産自動車ニュースルーム)

日産自動車のミドルサイズSUV「エクストレイル」が堅調な売れ行きを見せている。

日本自動車販売協会連合会(自販連)がまとめた今年1~6月(上期)の乗用車ブランド通称名別ランキングで、エクストレイルは前年同月比ほぼ横ばいの2万9518台を売り、18位に付けた。SUVとしてはトヨタ自動車「C-HR」(同11位)、ホンダ「ヴェゼル」(同14位)に続く3番手で、街でよく見かける印象のあるトヨタ「ハリアー」(同22位)、マツダ「CX-5」(同27位)の上を行く。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

日産車としてはコンパクトカー「ノート」(同1位)、ミニバン「セレナ」(4位)に次いで3番目に多く売れている車種だ。月間平均に直すと約4900台。3代目に当たる現行エクストレイルは2013年12月に登場しており、発売から5年目のモデルながら今年8月末に新型に切り替わったばかりのホンダのミドルサイズSUV「CR-V」の月間販売目標1200台を大きく上回る実績を残している。

エクストレイルは今年1月単月にヴェゼルを上回ったこともあった。なおかつ、4輪駆動のSUVという枠組みでは、2018年上期1位にもなっている。

エクストレイルが根強く人気を保っている理由

現行エクストレイルは今年6月に、同一車線自動運転技術「プロパイロット」搭載のほか、外観デザインを変更するなど、一部改良を施した。パワートレーンはガソリンエンジンとハイブリッド(ガソリンエンジン+モーター)の2タイプで構成している。

現行のエクストレイルが登場した当初、従来1~2代目のオフロード志向、直線的なデザインを一新。乗用車としての性格を強め、曲線的なデザインを採用したことに、ファンの間では驚きや波紋もあった。その変身は成功したといえよう。それにしても、ここまで根強く人気を保っている理由は何か。エクストレイルの歴史を振り返りつつ、検証してみよう。

次ページ2000年に初代が登場
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT