「世界一のAI強国」目指す中国のアキレス腱

「中国製造2025」でAI技術注力を明言

10年後、世界のAI業界は米中2強時代となり、部分的には中国がアメリカを凌駕している可能性もある。中国のスマートシティ開発及びその関連技術が、新しいAI市場を作り上げることがあるかもしれない。

日本はAI研究開発に遅れ

ひるがえって日本の現状はどうか。17年の日本のAI予算は770億円(前年比30%増)であり、これはアメリカや中国のAI予算の約15%に過ぎず、大学や研究機関の基礎研究力の弱体化が懸念されている。

また、日本企業のAIに対する認識にはバラツキがあり、中国式の官民挙げての取り組みは容易に進まない。日本企業は科学技術論文掲載数や特許取得件数で世界トップレベルにあるが、AI研究開発における遅れを取り戻さなければ、日本経済を牽引してきた製造業の技術力はこの先徐々に低下しかねない。

日本では今後、総務省の「AI開発ガイドライン」によって、公共インフラやスマートシティ、災害救助などにAI技術が導入され、労働力を代替する手段としてのAI技術に期待が高まる。

産業機械・ロボット製造、スパコン・半導体技術などの分野で分厚い蓄積をもつ日本企業は、イノベーションを実用化させ、これまで数々のヒット商品を生み出してきた。日本企業には今後も、自社が強みとする専門領域でデータを蓄積し、さらに海外発のAI新技術をも応用して、生活の利便性を高める新製品を創出することを期待したい。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT