「世界一のAI強国」目指す中国のアキレス腱

「中国製造2025」でAI技術注力を明言

10年後、世界のAI業界は米中2強時代となり、部分的には中国がアメリカを凌駕している可能性もある。中国のスマートシティ開発及びその関連技術が、新しいAI市場を作り上げることがあるかもしれない。

日本はAI研究開発に遅れ

ひるがえって日本の現状はどうか。17年の日本のAI予算は770億円(前年比30%増)であり、これはアメリカや中国のAI予算の約15%に過ぎず、大学や研究機関の基礎研究力の弱体化が懸念されている。

また、日本企業のAIに対する認識にはバラツキがあり、中国式の官民挙げての取り組みは容易に進まない。日本企業は科学技術論文掲載数や特許取得件数で世界トップレベルにあるが、AI研究開発における遅れを取り戻さなければ、日本経済を牽引してきた製造業の技術力はこの先徐々に低下しかねない。

日本では今後、総務省の「AI開発ガイドライン」によって、公共インフラやスマートシティ、災害救助などにAI技術が導入され、労働力を代替する手段としてのAI技術に期待が高まる。

産業機械・ロボット製造、スパコン・半導体技術などの分野で分厚い蓄積をもつ日本企業は、イノベーションを実用化させ、これまで数々のヒット商品を生み出してきた。日本企業には今後も、自社が強みとする専門領域でデータを蓄積し、さらに海外発のAI新技術をも応用して、生活の利便性を高める新製品を創出することを期待したい。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT