挫折が生んだアイドル・山本彩8年間の軌跡

NMB48で掴んだ自信、夢への道は1つじゃない

8月下旬にインタビューに応じた山本彩(撮影:尾形文繁)

そんな、“音楽もできるアイドル”を目指すというのが、山本彩がNMB48に加入した大きなキッカケだった。

彼女は、兄の影響で小学生のときにギターを始めた。

カナダ出身の人気シンガーソングライターであるアヴリル・ラヴィーンにハマり、「女性がギターを弾いてロックを歌い、等身大で表現する力強さ」にあこがれを抱いた。将来は”シンガーソングライターになって、自分で曲を作って、ギターを弾いて歌う”ことが夢になった。

すぐに音楽スクールに通い、バンドを組んでライブ活動や、オーディションを受ける日々が続いた。

だが、厳しい音楽業界の現実にシンガーソングライターへの夢をあきらめかけ、自分の目指すべき将来の姿を見失いかけた。

そこで、山本彩の音楽への気持ちは一度途切れた。

当時の心境を「自分の将来に興味がなくなってしまったという虚無感が押し寄せてきて、バラバラになりそうでした」と昨年3月に刊行された『山本彩ファーストエッセイ集 すべての理由』(幻冬舎)の中では表現している。

人生の転換点となったオーディション

支えたのは、家族の存在だった。4人きょうだいの末っ子だった彼女を、母は芸能活動と大学進学の両方を見据えながら、どんな高校がよいかアドバイスした。

学年2位の成績を残したこともあり、高校2年時には生徒会長も務めた。高校卒業後は、教師を目指し、大学への進学を考えていたという。

しかし、高校2年の夏に思いもよらない母からの提言があった

「NMB48一期生の募集のオーディションを受けてみないか?」

音楽活動での挫折を感じ、どこか覇気を失っていた娘をずっと気にかけてのことだった。

10月17日に山本彩がセンターを務める卒業シングル『僕だって泣いちゃうよ』が発売され、27日に大阪・万博記念公園 東の広場で卒業コンサートを開催する(写真:©NMB48)

シンガーソングライターを志していた山本彩からすると、真逆のアイドルの世界には抵抗があった。

それでも、母からの「AKBさんのところなら、基本はアイドルの活動で歌や踊りをしながら、卒業したら、女優やモデルなどの活動ができるし、音楽をやりたいんだったら、そこからまたやれるんじゃないか」という言葉に背中を押された。

「これが最後」と決め込んで受けたオーディションに見事合格し、アイドル・山本彩が誕生した。

それは、アイドルで名前を売り、その先に自分の音楽を築き上げるといった覚悟の決断だった。

次ページNMB48と山本彩の飛躍
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT