マレーシア、中国主導「海上都市計画」見直しへ

「フォレストシティー」を見直す委員会を設置

 8月28日、マレーシア政府は、中国資本の支援でシンガポールとの国境部分で進めている巨大都市開発プロジェクト「フォレストシティー」について、見直しのための委員会を立ち上げると発表した。ジョホールバルのフォレストシティーのショールームで2017年2月、来場者のために踊る中国人セールス担当者ら(2018年 ロイター/Edgar Su)

[クアラルンプール 28日 ロイター] - マレーシア政府は28日、中国資本の支援でシンガポールとの国境部分で進めている巨大都市開発プロジェクト「フォレストシティー」について、見直しのための委員会を立ち上げると発表した。

カマルディン都市福祉・住宅・地方政府相は記者会見で「これまでの合意内容を調査、点検する委員会を作る」と表明。関係する全ての省庁や開発業者を巻き込み、最良の進め方を検討すると述べた。

マハティール首相は27日、フォレストシティーに居住する外国人にビザを与えない方針を表明。プロジェクトに関わる中国不動産開発大手の碧桂園控股(カントリー・ガーデン・ホールディングス)<2007.HK>の株価は急落していた。

フォレストシティーは総工費1000億ドルの巨大プロジェクトで、最終的な居住者数を70万人と見込んでいる。

5月に就任したマハティール氏は、選挙戦で中国資本への過度な依存に対する国民の不満に訴え、こうしたプロジェクトを槍玉にあげた。就任以降は鉄道建設など中国が支援するプロジェクト200億ドル強にブレーキを掛けている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT