拘束紐を手首からぶら下げた女性の行方は?

テキサス州、防犯カメラに映った後で不明に

 8月28日、米テキサス州モンゴメリー郡で、Tシャツだけを着た女性が切れた拘束紐を手首からぶら下げた状態で民家の防犯カメラに映り、その後行方が分からなくなったとして、地元警察が捜索している。提供写真(2018年 ロイター/ Courtesy Montgomery County Sheriff's Office)

[28日 ロイター] - 米テキサス州モンゴメリー郡で、Tシャツだけを着た女性が切れた拘束紐を手首からぶら下げた状態で民家の防犯カメラに映り、その後行方が分からなくなったとして、地元警察が捜索している。

警察によると、女性は24日午前3時20分に、民家のドアベルを鳴らして立ち去った。

女性の画像はネットで広く共有されている。白人で暗い髪の色で、上半身にTシャツのみを着て、民家の扉に近づいている様子が映っている。両手首に拘束紐と思われるものが巻かれていて、自身で切ったとみられている。

警察はソーシャルメディアへの投稿で「この個人に該当する地域で、行方不明届けはない」と述べている。

警官らは付近の民家や店の防犯カメラの映像を確認するとともに、この女性の身元を確認するため情報提供を呼びかけている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。