フランコ総統の遺体掘り起こしを閣議決定

スペイン政府が閣議決定、孫らは反発

 8月24日、スペイン政府はマドリード近郊にあるスペイン内戦戦没者の慰霊施設「戦没者の谷」を全犠牲者の追悼の場とするため、埋葬されている独裁者フランシスコ・フランコ総統の遺体を移転する政令を閣議決定した(2018年 ロイター/Juan Medina)

[マドリード 24日 ロイター] - スペイン政府は24日、マドリード近郊にあるスペイン内戦戦没者の慰霊施設「戦没者の谷」を全犠牲者の追悼の場とするため、埋葬されている独裁者フランシスコ・フランコ総統の遺体を移転する政令を閣議決定した。

「戦没者の谷」は欧州に残る唯一の独裁者記念施設として批判されており、極右グループの聖地的存在となっている。

こうした事態を受け、6月に政権を取った社会労働党は、施設改装を懸案としている。遺族との遺体の移転交渉が決裂したことから、政令可決に至ったという。

フランコ総統は1939─75年に在任、この間、政敵一掃作戦で数万人が殺害・収監されたほか、これに先立つ内戦では50万人の兵士や民間人が死亡している。

カルメン・カルボ副首相は記者会見で、「戦没者の谷には、スペイン内戦犠牲者の遺体のみを葬る」とし、この施設を「すべての内戦犠牲者の記念と追憶・崇敬の場」とする視点から、フランコ総統の遺体掘り起こしを年内に完了するとしている。

一方複数の国内紙によると、フランコ総統の7人の孫は、遺体掘り起こしをあらゆる手段で阻止すると表明。「一致した断固たる」反対声明を発表した。

政令では、8月末から15日以内に、遺族が総統の遺体の移転先を決めるか、決定を政府に移管するかを決断するよう定めている。遺族らの声明は、「われわれの意に反して遺体掘り起しが行われるのであれば、キリスト教の葬儀を行うため、われわれへの引渡しを要求する」と述べている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT