フランコ総統の遺体掘り起こしを閣議決定

スペイン政府が閣議決定、孫らは反発

 8月24日、スペイン政府はマドリード近郊にあるスペイン内戦戦没者の慰霊施設「戦没者の谷」を全犠牲者の追悼の場とするため、埋葬されている独裁者フランシスコ・フランコ総統の遺体を移転する政令を閣議決定した(2018年 ロイター/Juan Medina)

[マドリード 24日 ロイター] - スペイン政府は24日、マドリード近郊にあるスペイン内戦戦没者の慰霊施設「戦没者の谷」を全犠牲者の追悼の場とするため、埋葬されている独裁者フランシスコ・フランコ総統の遺体を移転する政令を閣議決定した。

「戦没者の谷」は欧州に残る唯一の独裁者記念施設として批判されており、極右グループの聖地的存在となっている。

こうした事態を受け、6月に政権を取った社会労働党は、施設改装を懸案としている。遺族との遺体の移転交渉が決裂したことから、政令可決に至ったという。

フランコ総統は1939─75年に在任、この間、政敵一掃作戦で数万人が殺害・収監されたほか、これに先立つ内戦では50万人の兵士や民間人が死亡している。

カルメン・カルボ副首相は記者会見で、「戦没者の谷には、スペイン内戦犠牲者の遺体のみを葬る」とし、この施設を「すべての内戦犠牲者の記念と追憶・崇敬の場」とする視点から、フランコ総統の遺体掘り起こしを年内に完了するとしている。

一方複数の国内紙によると、フランコ総統の7人の孫は、遺体掘り起こしをあらゆる手段で阻止すると表明。「一致した断固たる」反対声明を発表した。

政令では、8月末から15日以内に、遺族が総統の遺体の移転先を決めるか、決定を政府に移管するかを決断するよう定めている。遺族らの声明は、「われわれの意に反して遺体掘り起しが行われるのであれば、キリスト教の葬儀を行うため、われわれへの引渡しを要求する」と述べている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。