「エアギター」世界選手権、日本人女性が優勝

「セブンシーズ」こと名倉七海さん

 8月24日、フィンランド中部のオウルで恒例の「エアギター世界選手権」が開かれ、日本から参加した「セブンシーズ」こと名倉七海さんが優勝した(2018年 ロイター/Lehtikuva/Eeva Riihela)

[ヘルシンキ 24日 ロイター] - フィンランド中部のオウルで24日、恒例の「エアギター世界選手権」が開かれ、日本から参加した「セブンシーズ」こと名倉七海さんが優勝した。

エアギターは、実際にはギターを持たず、いかにもギターを演奏しているかのように見せるパフォーマンス。今年で23回目となる。

あいにくの天気の中行われた世界大会では、15人のファイナリストがステージに登場し、演技を競った。

今年最高齢の出場者は「ミスター・ボブ」として知られるカナダのボブ・ワグナーさん。決勝前夜に行われたダークホース部門に出場し、ステージ上で75歳の誕生日を祝った。

関連記事
トピックボードAD
  • 30歳とお金のリアル
  • 北朝鮮ニュース
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
転機のLCC ピーチが仕掛けるアジア大競争

日本初のLCC(格安航空会社)、ピーチ。国際線は台湾・韓国への短距離路線が中心だったが、中距離路線に参戦。東南アジア全域を狙う。拠点・関空は台風で混乱。新戦国時代に突入。