「エアギター」世界選手権、日本人女性が優勝

「セブンシーズ」こと名倉七海さん

 8月24日、フィンランド中部のオウルで恒例の「エアギター世界選手権」が開かれ、日本から参加した「セブンシーズ」こと名倉七海さんが優勝した(2018年 ロイター/Lehtikuva/Eeva Riihela)

[ヘルシンキ 24日 ロイター] - フィンランド中部のオウルで24日、恒例の「エアギター世界選手権」が開かれ、日本から参加した「セブンシーズ」こと名倉七海さんが優勝した。

エアギターは、実際にはギターを持たず、いかにもギターを演奏しているかのように見せるパフォーマンス。今年で23回目となる。

あいにくの天気の中行われた世界大会では、15人のファイナリストがステージに登場し、演技を競った。

今年最高齢の出場者は「ミスター・ボブ」として知られるカナダのボブ・ワグナーさん。決勝前夜に行われたダークホース部門に出場し、ステージ上で75歳の誕生日を祝った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT